文章:石津 史子(All About「年金」旧ガイド)

以前なら「厚生年金は60歳からもらえる」というのが、一般常識でした。
しかし、1994年と1999年の2回の公的年金財政再計算で、65歳支給開始に向けたスケジュールが決定し、「厚生年金も65歳支給」時代を迎えることになりました。

でも本当に65歳まで公的な年金を受け取ることは不可能になったのでしょうか?

すでに1986年の4月施行の新しい厚生年金保険法(以後、新法と表示します)には、老齢厚生年金の支給開始年齢は65歳となっています。そうです。法律上では、以前から65歳から支給されている年金が老齢厚生年金だったわけです。

では、なぜ今まで60歳から厚生年金が支給されてきたか?です。
それは、年金の改正は老後の生活設計に大きな影響を及ぼしますので、15年、20年といった時間をかけて完結するような特例措置の期間を設け、緩やかに実行に移していくものだからです。それでも1986年4月に新法が施行されてもしばらくは、「厚生年金は60歳からもらえる」・・・という常識が継続されていました。

そしてようやく2001年4月、60歳を迎える人に対して支給開始年齢の引き上げへの経過措置時代の幕が開き、60歳から支給されてきた特別支給の老齢厚生年金の一部にメスが入ることとなったのです。20年かけてたどりついた経過措置期間のはじまりです。