デスクトップ型Macを選ぶ

長時間作業する場合、デスクトップ型がおすすめです。広い画面と分離されたキーボード、細かい操作がしやすいマウスで快適に作業することができます。同じ価格帯のノート型と比べてプロセッサの性能もわずかに高く、ストレージ容量も大きいので長く使えます。

ノートブック型は持ち運びに便利ですが、固定されたキーボードやトラックパッドで操作しなければならないのが難点。その点、デスクトップモデルならば、使い勝手のよいApple Wireless KeyboardとApple Magic Mouseが標準添付されていますし、それが気に入らなければ好みのキーボードやマウスに変更できる自由度があります。

【ガイドおすすめ機種】
デスクトップモデルで設置スペースを気にするなら、迷わずiMacでしょう。数ある一体型パソコンの中でも特に薄い筐体は、狭いデスクでも設置場所に困りません。ディスプレイ下部には空間があるので、キーボードやタブレットなどを忍ばせておくのにちょうどいいスペースになります。

大きく分類すると画面サイズが21.5インチと27インチの2種類で、プロセッサなどの性能で値段が変わってきます。物理的に広いデスクトップは目にも優しく、とても快適です。


ちょっとだけMacが使いたいけど、いままでWindowsパソコン使っていて、モニタやキーボードをそのまま使いたいなら、Mac miniがベストでしょう。Mac miniは全モデル中最も値段の低いMacですが、BTOでクアッドコアIntel Core i7 2.6GHz、メモリ16GB、1TBのFusion Driveを搭載可能です。グラフィック性能はプロセッサ内蔵のIntel HD Graphics 4000で、他の専用チップを搭載したモデルより見劣りしますが、3Dゲームでの高パフォーマンスを期待しないなら十分でしょう。

 
また、すでに他のMacを持っている場合は、OS X Server搭載Mac miniを追加すれば誰でも簡単にホームサーバーが作れます。OS X Serverの機能を活用すれば、iCloudを使わずにデータやカレンダー、アドレス情報などを一元管理できるようになるので、非公開にしたい情報を家庭内あるいはオフィスにあるあらゆるデバイス※で共有できます。
※Mac、Windows、iPad、iPhone、iPod touchなどをサポート
 

 

価格を気にせず最高のMacが欲しいなら、Mac Pro※を選びましょう。Mac中で最高レベルのプロセッサ・グラフィックチップを搭載することが可能で、メモリもiMacの2倍以上(最大64GB)搭載可能。とてつもないパフォーマンスが期待できます。
※新モデルが2013年中に発売されます

【関連サイト】
アップル Mac




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。