答申の内容は??


答申では、現行の国会議員互助年金法を廃止し、以下のような内容に改めた「国会議員年金法」の早期制定を求めています。

★負担増…毎月3万900円増の月13万3900円とし、年2回のボーナス時には計59万2100円で年間219万8900円(現行費74%増)とする
★受給資格…現行の10年以上から12年以上に引上げる
★年金額…初年288万4000円(現行の33%減)
★国庫負担率…現行の3分の2(当初予算ベース)を将来5割程度に抑制する

もし、この答申どおりに改革されると、最高の受給額は現行制度のほぼ半額になります。(741万6000円→392万2240円)
また、すでに議員生活を引退して年金を受給している元国会議員の年金については、現行どおり年金額を維持する配慮が示されています。

答申を受け通常国会に法案が提出され、国会議員による国会議員のための互助年金制度に関する審議が始まることになりますが、その経過をしっかりと見ていきたいと思います。

国民の真の要望は、国会議員の負担を増やし年金額を減らすことだけではありません。国会議員にも国民と同じ土俵で相撲をとってもらいたい…国民の代表として国民と同じ痛みを感じながら国会審議にのぞんでほしいと強く願っているのではないでしょうか。

一朝一夕に改革することが難しい「年金制度」ですが、まず議員年金から党派を超えた議員の英知英断を結集して改革して、一刻も早く国民が安心でき、納得できる年金制度の再構築を実現して欲しいものですよね!

◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。