文章:石津 史子(All About「年金」旧ガイド)

郵政解散で解散してしまった両院合同会議

国会内で開催された両院合同会議
郵政解散で解散を余儀なくされたが、何らかの成果が上がったと思いたいのだが…
郵政解散によって、これからの年金制度のあり方も含めて今年4月から国会内に設けられ、超党派の議員が参加して議論される場になっていた「社会保障制度改革に関する両院合同会議」(以後「両院合同会議」)も解散してしまいました。

たった8回の両院合同会議。
それぞれの党派の主張が繰り広げられただけで、本格的な議論には入っていなかったようです。しかし、それでも、継続して超党派の議員による話し合いがもたれたことについては、全く無駄ではなかったと思いたいものです。全国民の大きな関心事である「年金制度の将来」が議論されている会議だったのですから。

両院合同会議の8回の主なテーマは、次の通りです。

  1. 4月8日 初会合
  2. 4月14日 各党意見表明・自由討議など
  3. 4月22日 各党意見表明・自由討議など
  4. 6月6日 「年金制度の現状認識及び将来見通し」について
  5. 6月30日 「公的年金制度の必要性」について
  6. 7月8日 「国民年金の位置付け」について
  7. 7月22日 「国民皆年金の意義」について
  8. 7月29日 「国民年金と生活保護の関係」について
これら8回の会議の中から、今後につながりそうなテーマをピックアップしてみました。>>次のページ