推薦入試に積極的な千葉の私立中学

机の上
推薦入試で入学する生徒は意欲が高く、伸びる可能性が高い
千葉の私立中学の多くが推薦入試を積極的に取り入れている理由の一つは、推薦や専願で入学した生徒は意欲が高く、伸びる可能性が大きいと考えられているため。どの私立も第一志望者を望んでいますが、これは入学後の学力伸張に深くかかわってくるからです。いわゆる不本意入学をできるだけ回避し、「入りたい子どもを入れる」ための入試を重視するという学校側の意向がうかがえます。

東京、神奈川、埼玉と同様、併設系列大学・短大をもつ千葉の私立中学・高校では、大学、短大への内部進学率が低下しており、他大学への進学指導に力を入れる傾向にあります。芝浦工業大学柏は他大学への進学者が多く、これまで東大へ3名、千葉大へ11名、筑波で10名をはじめ、早慶、上智、東京理科大、立教、明治などへ多数進学。薬学部や医学部、看護大学への進学も伸びつつあります。
専修大学松戸は東大に1名、千葉大20名(以上2010年)。また東京理科大、明治、立教、早慶、上智、法政などへ例年多数合格するほか、医大、薬科大、看護大、工業大への進学者も多い。2010年の志願者数は前年より大きく伸びました。その伸び幅前は県内トップ。

東邦大学付属東邦も例年東大、一橋大に送り出すのをはじめ、東工大、筑波大、千葉大は二桁の合格者数。早慶、東京理科大(2010年は161名合格)、上智、明治、立教、中央などにも多数の合格者を出しています。医大、薬科大への進学も盛ん。2010年の志願者数も前年よりアップ。

麗澤は京大に1名、千葉大に3名、筑波に2名(以上2010年)など国立への進学が伸びる傾向にあり、私立も早慶、東京理科大、明治、立教、法政などへの合格実績を上げています。