一生懸命節約して貯蓄をしようとするとストレスが貯まってなかなか長続きしないですね。そこで、「私はこうやって貯蓄しているんですよ!」と目をキラキラ輝かせてお話してくれたシングル女性のアイデア貯蓄をご紹介します。

今日は1円、明日は2円…毎日1円ずつ増やして貯蓄

今日が何日目か数えながら貯蓄をしていくと、1日1日を大切にしていく気持ちも生まれますね!
スケジュール帳になにやら数字を書き込んでいる会社員のS子さん(26歳)。「その数字は何?」と聞いてみると……。

「今日が365日のうち何日目にあたるか書いているんです。それで、その数字と同じ金額だけ毎日貯蓄しています」(S子さん)

例えば、1月1日は365日のうちの第1日目。この日はまず1円だけ貯蓄します。次の1月2日は2円、3日は3円というように、1日過ぎるごとに1円ずつプラス。3月1日は60日目なので60円、7月1日は182日目なので182円。そして、12月31日には365円を貯蓄します。すると365日が終わった時点で66,795円が貯まっていることになります。S子さんはこの方法をもう3年も続けているそう。

「毎日ぴったりの小銭があるとは限らないので、何日分かまとめて貯金箱に入れたりもします。でも、もう日課になっているので、楽しんでやっています。今日は1年のうちの何日目かを毎日意識することになるので、やり残している計画がないかを考えるきっかけにもなり、一石二鳥です。」(S子さん)

なるほど!これはおもしろいですね。最近の手帳は365日のうち何日目か、すでに記入されているものも多いので、スケジュールを確認したついでにその金額を貯金箱に入れることを習慣にすると、時間とお金を有効に使うことができそうですね。


あこがれの女性になったつもりで貯蓄

あこがれの女性になったつもりで振舞う!夢をかなえる王道です。
ファッション雑誌のカリスマモデルの写真を切り抜いて、いつも持ち歩いている派遣社員のM美さん(29歳)。

「あこがれのモデルさんになったつもりで生活するようにしています。お菓子が食べたくなっても、『モデルとして美しくありたい』と思うと食べたいという欲求も無くなります。そのときに、お菓子を買ったつもりで貯金箱に入れるんです。でも、あこがれのモデルさんの写真をいつも見ていると、同じ洋服が欲しくなったりするんですよね(笑)。これが困りモノなんですが、これは『なりたい自分になれたときへのご褒美』として、洋服を買ったつもりで将来のために貯蓄します。そうすると、早く目標に近づきたい!と意欲がわいてくるんです。」(M美さん)

「すでに夢が叶ったという気持ちで行動する」。これって実は夢が叶う特効薬なんです!こうなりたい、と思うだけでなく「~になる」「~になった」と想像から意思、そして現在進行形になるにつれ、夢へのコミットメント(約束・誓約)が強くなるのです。M美さんはそれを自ら実行していたというわけですね。さらにそれを貯蓄へのモチベーションにしているところは見習いたいところです。

ビジュアル化して夢を現実に!