どんな人と結婚したい?明確なビジョンと、行動・予算の戦略を!
仕事も結婚も自由に選べる時代になりましたが、人生の選択肢が増えれば増えるほど、自分の思ったタイミングで結婚できるとは限らないジレンマも生まれています。結婚も就職活動と同じように、自ら積極的に結婚相手を探す「婚活」が必要な時代になったのです。

「婚活」といっても、自分を磨くこと、出会いの場に出向くこと、お付き合いを深めることなどさまざまなプロセスがあり、お金もそれなりにかかります。しかし、たくさんお金をかければ理想の人に出会えるというわけではありません。「婚活」を成功させるにはきちんとした戦略のもとに「行動」と「お金」のプランニングが必要です。

望む結婚相手はどんな人?どこで出会える?

人生の夢を叶えるには、「どんな暮らしがしたいか」という夢を描き、そのためにどんな準備をするか、いくら必要かを計画していきます。婚活もそれと同じ。「どんな人と結婚したいか」「その人と出会うためにはどうすればいいか」「いくらかけるのか」を計画します。

まずは、そもそもあなたは本当に結婚を望んでいるのか?その問いかけから始めてみてください。結婚したい、したいと言いながらも、心の奥底では「結婚すると自由に遊べなくなってしまうかも」「いまは仕事のほうが楽しいし」「いい人がいればいいけど、そんな人はいないだろうなぁ」など、結婚を否定している気持ちがあったりする場合があります。そうすると婚活も真剣にできなかったり、出会う機会があっても自ら避けてしまったり、うまくいくものもいかなくなってしまいます。いいイメージを思い浮かべて潜在意識をきれいにしてあげてください。

そして、どんな人と、どんな暮らしがしたいか具体的に思い描いてみましょう。ただ、話題の本、『「婚活」時代』(ディスカバー携書)によると、「社会経済的状況が変化しているにもかかわらず、意識そのものは昔とそんなに変わっていない」ことが、晩婚化、非婚化の要因にもなっているようです。自分の意識を変える柔軟さも婚活を成功させるポイント。傾向と対策のために、この本は一読しておくといいですね。

お相手のイメージができたら、その人と出会うためにはどこへ行けばいいか?どんな自分になればいいかを考えます。会社と家の往復だけでは出会えないので、今までと違う場所に足を運ぶことは必須です。スポーツ好きな人がいいならスポーツクラブやゴルフ練習場とか、趣味や勉強のサークル、異業種交流会など、情報を集めてみましょう。結婚情報サービスもさまざまなところがあるので、自分に合ったところを探してみるのも1つの方法です。いくらまでお金をかけたいか、予算も合わせて検討してみましょう。