「ごはん」よりも「パン」が好きな都市は岡山・神戸・高松


パン
クリックすると大きくなります…

パンの支出額がおコメの支出額の何倍になるかを計算してランキングしました。(表中)計算した数字が「1」よりも大きい都市は、おコメよりもパンにたくさんのお金を払っていることを意味します。

東北地方の都市はおコメの方が多いのですが(このランキングでは下位に位置します)、仙台市はおコメよりもパンにたくさんお金を使っており、ベスト6にランキングされています(右表・クリックしてください)。

ちなみに麺類支出額ベスト3は、盛岡市、高松市、横浜市でした。
*盛岡市(米2629円、パン1993円、麺1501円)、高松市(米2181円、パン2368円、麺1486円)、横浜市(米2650円、パン2448円、麺1474円)  

コーヒー好きは中国・四国地方


コーヒー・ココア
クリックすると大きくなります…

「コーヒー・ココア飲料の支出額」が「お茶飲料の支出額」の何倍になっているかを計算してランキングしました。(表中)数値が「1」よりも大きい都市は、お茶よりもコーヒー・ココア飲料にたくさんのお金を使っていることになります(右表・クリックしてください)。

中国・四国地方では、お茶飲料よりもコーヒー飲料を好む都市が多いようです。また、近畿圏もコーヒー好きの傾向があるようです。お茶の産地で有名な静岡や九州地方の都市はやはり、お茶の方を好んでいるようです。



お肉好きは、九州・沖縄地方


肉
クリックすると大きくなります…

肉類の支出金額が魚介類の支出金額の何倍になるかを計算してランキングしました。(表中)数値が「1」よりも大きい都市は、魚よりも肉類にたくさんお金を使っていることになります。

ランキング上位は、「那覇市」「熊本市」「大分市」「鹿児島市」「福岡市」「広島市」「宮崎市」「佐賀市」とほとんどが九州地方です。ランキング全体を見ると、どうやら「西日本の人はお肉が好き!」(西高東低)のようです(右表・クリックしてください)。