世界長者番付、日本人はTOP100には入れませんでした。しかし裕福な人の層は厚いようです
先日発表された、アメリカの雑誌『Forbes』による世界の長者番付。今年は、トップ100に入った日本人はいませんでした。億万長者の人数(資産10億ドル以上)でも、日本(24人)はインド(36人)にアジアトップの座を奪われました。

日本はこうしてインドや中国にどんどん追い抜かれていくのだろうか……、と一抹の寂しさを感じた人もいるかもしれませんね。そこで、今回は、さまざまな調査から、世界と日本のお金事情を見てみたい思います。

INDEX
■収入「日本人は世界で何番目に豊かなの?」……P1
■支出「教育熱心なのはどこの国?」、
「ファッションにこだわっているのはどこの人?」など……P2
■○○の値段から世界が見える!……P3


日本人は世界で何番目に豊かなの?

 
世界の富裕者上位1%の27%が日本国籍
出典:左は『Forbes』誌による個人資産ランキング。右は国連大学世界開発経済研究所「The World Distribution of Household Wealth(2006年12月5日)」
ビル・ゲイツ氏のトップは13年連続。すごいですね~。2位のバフェット氏は、株式の長期投資で財を築いたことで知られています。日本人は、ソフトバンクの孫正義会長で129位が最高でした。かつて日本人が1位になってこともあるのに、ちょっとさびしい気もしますね(堤 元コクド会長/1987年)。

しかし、億万長者ではなく、対象を拡げて「世界の資産家の上位1%の国籍」をみると、なんと、日本はアメリカについで多いのです! 人口なども勘案すると、日本は豊かな人の層が厚いといえるのではないでしょうか。(調査年が違う点には注意)。

庶民の資産、日本人は世界で何番目?

 
日本は4位
出典:国連大学世界開発経済研究所「The World Distribution of Household Wealth(2006年12月5日)」による。購買力平価(物価水準などを考慮した数値)です。
日本人の個人資産額は世界5位! 億万長者が少なくたって、平均点はトップレベルなんです。世界の中では「日本は全体的に裕福」といえるでしょう。

「そうはいっても、月々のやりくりはけっこう大変よ!」という声が聞こえてきそうですね。それでは、各国の家計の支出の様子を次のページで見てみましょう!