エコバッグやごみ分別など今や"ふつうのこと"となったエコな暮らし。
その基本的な考え方『エコの3R』を知っていますか?
環境にやさしいだけでなく実は家計にもやさしい『エコの3R』について知っているとこれからの毎日がもっと素敵になりますよ。


エコの3Rとは?

エコの3Rとは、できる限りゴミを出さない社会をつくるための基本的な考え方を示す略称で、Reduce(リデュース=廃棄物を出さない)、Reuse(リユース=再使用する)、Recycle(リサイクル=再資源化する)という3つの言葉の頭文字「R」をとってこう呼ばれます。
温暖化など悪化している地球環境をなるべく壊さず共存できる方法を探ろうとする環境保護のための取り組みの一つで、それらは(1)リデュース、(2)リユース、(3)リサイクルという順番で位置づけられています。

日本では2000年(平成12年)に循環型社会形成推進基本法において3Rの考え方が導入されました。国が政策として掲げている3Rは、自治体やメーカー、そしてわたしたち"生活者"それぞれに義務や努力すべき道筋を示していますが、ここでは、生活者の視点からみていきましょう。

リデュースとは

Reduce(リデュース)は、廃棄物を出さない暮らし方。物を買ったりもらったりする前に、本当に必要な物か、代わりの物で済むことなのではないかなどよく考えてから行動するような暮らし方をしようというものです。
「レジ袋をもらわずにエコバッグを使う」「要る量だけ買う」「一時的に要る物はレンタルにする」などがこれに当たります。

リユースとは

Reuse(リユース)は「再使用」。
最近は、リサイクル政策が成熟しつつありそのマイナス面も指摘される中、お店や企業でさまざまなリユースの取り組みが注目されています。

私たちの生活に密着したところでは、「リターナブル容器を選ぶ」「修理して使う」「不要な服はフリーマーケット、寄付、自治体の資源回収などを利用する」「使えなくなった生活雑貨をリメイクしてまた使う」「再生部品を用いた機器類を使う」などがあります。

リサイクルとは

Recycle(リサイクル)は「再資源化」。家庭から出るゴミや製造段階で出る不要物のうち可能なものを、回収して加工し、もう一度原材料として使おうというものです。

「ペットボトル、古紙、びん、アルミ缶、スチール缶、発砲スチロールトレーなどはルールにのっとって行政やお店で行っている分別回収に出す」「リサイクル家電を購入時にリサイクル料を支払う」「使えなくなった布を小さく切って古布雑巾にする」など。
リサイクルで分別回収された結果生まれた商品を積極的に購入するのもエコ的暮らしの一つといえます。

3Rの優先順位はリデュース、リユース、リサイクル

私たちがエコの3Rを実践する時には(1)リデュース、(2)リユース(3)リサイクルという優先順位があります。

リサイクルもよいのですが、それを回収、再生化するまでには多くのエネルギーが費やされ、できるだけ環境への負担を軽くしようと考えると一番良い方法とはいえません。それよりも、物の寿命をできるだけ長くして捨てる回数や量を減らすリユースの方が環境への負担が少なくなるし、必要以上に物を所有しないリデュースならさらに地球にやさしい暮らしができるというものです。

リメイク

このサイトでは「リメイク」もテーマの中に取り上げています。

「そのままでは使えなくなった/使えないものを、ひと手間かけることで再び暮らしに生かし、物をさらに長く愛用していくこと」ととらえられる「リメイク」には、たとえば衣類の話であれば「破れた部分にアップリケをして使う」というリユース的な面も、不要な布を小さく切って「パッチワークキルトで別のものに作り変える」「プチ雑巾として使い切る」というようなリサイクル的な面もあり、どれとくくることができません。
が、どちらにせよ、一つのものを長く大切に使うことは湯水のごとく物を消費していく暮らしとは反対の、エコライフのきほんです。                          

どのやり方をするにしても、本当に必要なものを見極めながら暮らすことになりますので、「ちゃんとエコな暮らしをする」ことは自分のライフスタイルを明確に思い描けないと難しいことです。 

でも逆に考えると、エコの3Rを常に意識しながら日々を送ることで、なりたい自分が自然とわかってくる素敵な暮らし方かもしれませんよね。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。