FPから見た、当時の彼女の経済面の将来像

※FP=ファイナンシャル・プランナー

彼女が購入を希望していたマンションは次のとおりです。

●新築マンション
●購入希望価格 1,200万円ぐらい
●利便性の良い立地環境
●駐車場付き
●広さ60平方メートル前後 2LDK

彼女の家計管理は一定の収入の中で賢くやりくりされており、安定性もありました。手に入れたいと願っていたマンションも、買おうと思えば自動車ローンがなくなれば買えなくはない状況です。

資金ショート
買うことはできても、その後の人生を支える財産づくりは、かなり厳しい
しかし、それも60歳の定年まで自分で働いて稼げる間のことです。それまで住宅ローンを返済しながら通常の生活をしてやりくりはできますが、その後のセカンドライフ資金の準備がまったくできない、つまり、老後に向けての財産づくりができない状況は明らかでした。

それどころか、60歳から64歳までの年金がもらえない空白の5年間で、一気に蓄えも尽き、貯蓄はマイナスに転じ、その赤字基調は一貫して生涯続きます。

それから約1年半後の現在の彼女  次のページへ