悩み
共働きで、結構収入があるのにお金が貯まらない!
「共働き」というと、夫と妻の収入で家計は潤っていて、貯金もたくさんしているというイメージがあります。でも、「なかなか貯金ができない!」と嘆いている共働きカップルが多いのも事実です。実は、共働き特有のお金がたまらない理由があるのです。

【記事のインデックス】
貯まらない原因を探る!共働きの家計管理事情……1P目
え!? 収入と貯金があるから貯まらない?……2P目
共働きだからこそ思いっきり貯めよう!……3P目


貯まらない原因を探る!? 共働きの家計管理事情

ガイド平野が家計相談をしていると、「貯金が貯まらな~い!」という悩みを抱えた共働きカップルが意外と多いです。そこで、貯まらない共働きカップルの家計管理の方法にいくつかの共通点を見つけたので、ここで紹介します。あなたがもし共働きで、なかなか貯金が貯まらない場合、思い当たることがあるのではないでしょうか。

■夫・妻とも正社員に多い、別会計カップル
夫と妻ともに正社員やフリーランスとしてバリバリ働いているカップルに多いのは、お互いに一定の金額を2人の生活費として出し合い、残りを別会計で各々自由に使うというパターンです。一見すると合理的なカップルのように思われます。

このパターンでうまくいくカップルは、夫と妻共に金銭感覚がしっかりしていて、お互いに自分で貯蓄や投資をしている場合です。けれども多くのカップルは、自分の自由なお金は、自分の趣味やショッピングなどそれぞれが思いのままに使ってしまいます。これでは、思うように貯蓄できません。

■パート・派遣の妻に多い、働いた分は全部自分のお小遣い
結婚や出産を機に妻が会社を辞めた場合、いざ生活をしてみると夫の給料だけでは生活が厳しいということに気がつきます。自分が働いていた時は、美容院や化粧品、洋服にと十分にお金をかけられたのですが、夫が家計に入れてくれるお金からはそんなお金は出せません。しばらくは、自分の貯金を取り崩してきたけれど、いよいよ貯金も底をついてきます。そこで、「家計の足しに……」と言って、妻がパートや派遣を始めるというケースが多いようです。

こうして妻が働き始めた場合、家計の足しにといっても、今まで我慢していた美容院や化粧品、洋服の買い物に妻の収入は消えてしまいます。また、外に出る機会が多くなった分だけ、友達との外での外食が増えて、かえって出費が多くなってしまいます。結果、妻が働いた分は、全部妻のお小遣いに消えてしまうというケースも多いのです。

■「お小遣い制」にしても貯まらない!?
上の2つのケースの場合、夫も妻も自由にお金を使ってしまうことが、お金がたまらない原因と考えられます。では、「お小遣い制」を採用した場合はどうでしょうか。「お小遣い制」を採用すれば、自由に使っていた分の支出が抑えられるので、お金が貯まるようになると思われるでしょう。

確かに「お小遣い制」を採用して、貯蓄体質に変えられるカップルもいます。けれども、「お小遣い制」を採用した場合でも、なかなか貯蓄できないというカップルも多くいます。その原因は、「お小遣いのルール」があいまいということにが挙げられます。それぞれのお小遣いで何を出費するかが決まっていないと、お互いに足りない分を家計から出費するようになり、結局、貯まらない家計になってしまいます。

消費体質の共働きの家計は危険がいっぱい!?