繰上げの効果を比べる

繰上げ返済をした場合の効果を見てみましょう。借入れから5年後に約100万円で繰上げ返済をしたと仮定します。
(※いずれも3,000万円を35年間、3%、元利均等毎月返済で借りたケース)

期間短縮型の繰上げ返済を行った場合は、返済期間を1年9ヶ月短縮する効果があります。返済がリタイア後も続くという人は期間短縮型の繰上げ返済を計画的に行うようにしましょう。

一方の返済額軽減型ですが、毎回の返済額を4,200円ほど軽減する効果があります。教育費の負担などで、家計が大変な時期を乗り越えるためにうまく使うと有効です。

また、繰上げ返済で見逃せないのが、利息軽減効果です。同じ時期にほぼ同じ金額で繰上げ返済を行うにも関わらず、90万円もの差が開きます。一般的には、利息軽減効果の大きい期間短縮型がオススメだといえるでしょう。しかし、家庭の事情はそれぞれ。繰上げ返済はタイプによって発揮する効果が違う、ということを知ったうえで、上手に使い分けてください。

【関連リンク】
過去最大の住宅ローン減税の中身はこうだ! (All About 住宅購入のお金)
「フラット50」と「200年住宅」 (All About 住宅購入のお金)
3人に1人は変動金利型を利用!? (All About 住宅購入のお金)
変動金利動く!あなたの金利はいつ変わる? (All About 住宅購入のお金)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。