年を取ってからの急な出費。お金の借り先に困ったあげく、年金を担保にお金を借りる・・・実はこれ、ある機関以外は違法行為になるのです。お年寄りを狙うヤミ金融の被害も出てきていますので、注意が必要です。




年金担保融資はココ
どうやって借りる?
年金担保融資Q&A





年金担保融資はココ

 年金で生活をしているお年寄りが、病気になったり身内のご不幸などで急にお金が必要になった時、「高齢者 OK」「年金でお金が借りられます」のチラシや DM を頼りにお金を借りてしまうと、年金手帳、預金通帳、印鑑まで取り上げられ、高金利の利息を請求される・・・。こんな被害が出ています。

 そもそも、老後の生活の糧となる年金を担保にお金を貸すのは違法です。唯一認められているのは、独立行政法人 福祉医療機構の年金担保融資のみです。

独立行政法人 福祉医療機構
 2003年10月1日から、年金担保貸付を行う機関が変わりました。今までは、社会福祉・医療事業団という特殊法人でしたが、国の行政改革で独立行政法人 福祉医療機構になりました。

 組織は変わりましたが、連絡先や住所、融資条件等は変わっていません。昨年度は、約19万5千人の方が融資を受けています。

融資条件

 利用できるのは:厚生年金保険、船員保険または国民年金(老齢福祉年金を除く)の支払いを現在受けている人。

 融資金額:最低10万円~上限250万円まで。
          返済方法により借りられる金額が変わります。
 *全額返済(毎回受け取る年金の全額を完済まで返済に充てる)
        年間受け取る年金額の1.5倍以内
 *半額返済(毎回受け取る年金の半額を完済まで返済に充てる)
        年間受け取る年金額の範囲内

 金利:1.2%(2003年10月15日改定)

 連帯保証人:信用保証機関[(財)年金融資福祉サービス協会]に一定の保証料(1.5%)を支払って連帯保証人になってもらうことになります 。

 金利は1.2%!国が認める借入先はこんなにも低利です。といっても、ご利用は計画的に。つぎのページでは借り方や注意するポイントをご紹介します。