いつかは欲しいな、そろそろ授かりたい、妊娠してます、という全ての人におくる出産とお金の話です。あわてて高利な借金をしないように、まずはお金を貯める事。でも、間に合わないという人は無利息で融資が受けられる制度があります。



出産までにいくらかかる?
ここで、もらえる
ここで、借りる


 
出産までにいくらかかる?
 まずは、おめでたから出産までにいくらかかるか見てみましょう。

 ■保険は使えない
 妊娠は病気ではないので、定期検診に健康保険は使えません。切迫流産、切迫早産、妊娠中毒症などは保険適応になります。費用は地域や病院によっても違いますが目安として、妊娠したかな?から最終検診までは、7万円~10万円です。
 
 ■マタニティも必要
 同じ季節に出産した先輩ママにマタニティウエアを譲ってもらったり、リサイクルで買えば安くすませる事もできます。ただ、下着やパジャマは必需品ですね。また、仕事をしている妊婦さん、オシャレな妊婦さんは予算もアップしそうです。およその目安は3万円~10万円

 ■赤ちゃんの準備
 はじめての赤ちゃんは、かわいいベビー服、ベビー用品を見ているだけでつい財布のヒモがゆるみます。二人目の赤ちゃんも、上の子と性別や生れる季節が違えば、ベビー服も必要です。その他、ふとんを買ったり、ベッド、チャイルドシートをレンタルで借りたり等およその目安は5万円~10万円

 ■入院と分娩
 大学病院から助産院、自宅まで産む場所と、分娩の方法(自然、帝王切開、無痛等)によっても大きく費用が変わります。また、都内の有名病院や、ゴージャスな個室、懐石料理や豪華ディナーの付く所はご予算100万円だとか。それ以外普通の目安は30万円~70万円

 ■この機会に!
 出産の本を買って情報収集。空気清浄機ってあった方がいいかも。ビデオはやっぱり必要でしょ。せっかくだしデジカメも買っとく?洗濯物も増えるよね、乾燥機付きの買う?なんだかんだと雑費の目安は5万円

トータルで・・・
 50万円~100万円は、かかりそうです。これだけのお金が9ヵ月間で必要かと思うとびっくりしますが、もらえるお金や無利息で借りられる所もあるので次のページで紹介します。