再起を賭けて借金整理 実録「自己破産」で再出発する人
お金を何とかしなくては… 借りて返すが落とし穴。

「お店を続けたい…」その想いがまた新たな借金を

ケースの紹介
・ 中村健司さん(仮名) 42歳
・ 職業 : 美容室経営
・ 家族 : 妻・子供(小学2年生)1人の3人家族

10年前から美容室を経営されている中村さんご夫婦。小さなお店ですが、とてもアットホームな雰囲気で評判も上々。多額の売上げではないものの、固定客もつき安定した経営をされていました。

ところが5年前、近所に大手美容室の格安チェーン店ができました。それ以来、どうがんばっても思うように売上げは上がらなく、ゆっくりと下降するようになってしまいました。格安店の出店が上手くいかない原因のすべてではないのでしょうが、大きな打撃になったことは確かなようです。

また中村さんはここ数年、返済できるものだと思い、借金をするようにもなりました。初めのうちは、今までの貯めた預貯金でなんとか足りない収入をカバーしてきましたが、それも底をついてしまいました。
だからといって、中村さんは長年計画してやっと実現させた「自分の店」をそう簡単にやめたくはありません。またその想いが「新たな借金へ」と駆り立てられる心境でもあったようで、完全に自分を見失いかけていました。

毎月の借金返済額は15万円を超えるほどに

破産例の家計簿

お話しを聞かせていただくと、収入は22~25万円に対して支出は最低でも24万円がかかっており、赤字になることもしばしば。この家計状況に借金の返済分が加わっているのだから火の車です。しかもその返済額は毎月15万円にも達しています。

これでは“返済するために違うところから借り、またその返済のために借りる”という、自転車操業(まわし)状態。一向に抜け出せない多重債務の悪循環パターンになっていました。このままだと、いくら家計管理をしっかりしようと、支出の借金返済分があまりに多いため、生活を立て直すことも困難です。再起をするにはどうすればいいのでしょうか?