私は借金なんかで苦しまない!?

借金を増やすコツを覚えてはいけない
一時的だから…と安易に借りるのが落とし穴。多重債務の門をたたく?
“私はお金を借りたって、歯止めが利くから一時的なことで済む!”“債務整理とかには間違ってもならないし、まして自己破産なんて!”と、他人事や別世界のことのようにとらえている人は多いもの。借りはじめなどは、みんながそう思っているといっても良いくらいです。しかし、現実はどうでしょう。多重債務問題に関することは、毎日のように諸所の問題とともに取りざたされています。

あなたは「自分は大丈夫! 返しきれないほどの借金になることはない!」と言える自信はありますか?

始めはみんな普通の使い方

借金が増えだして、多重債務といえるほどの状況に陥るまでのパターンみたいなものはあるのでしょうか。一般に、こういった傾向があります。

始めのうちは生活するうえで必要な“物”を、クレジットカードを利用して購入するという、ごくごく普通な使い方をされています。みなさん何気なくやっていることですよね。しかし、そのうちカード利用が慣れはじめてくると、容易に失敗を経験します。それは自分の収入では簡単に返せないほどの利用余力を、カードが持ち合わせてしまっているから。余裕を持って上手にカードと付き合っていける範囲と、実際に利用できる枠との間には、大きなギャップがあるのが一般的なのです。

キャッシングへの考え方が別れ道に

その失敗も「今月の返済はキツかった~」程度のヤケドで済めば良いのですが、それですまない場合はどうしましょう? 預貯金などの蓄えもない…、訳を言ってお金を貸してとお願いできる知人などもいない…、となるとクレジットカードのもう一つの機能、キャッシング(現金借り)の利用に走る人も少なくありません。この部分への考え方が甘いかどうかが別れ道です。

失敗だとしっかりと捉え、繰り返さないようにしなければいけないところを、便利!と捉えてしまうと、多重債務者へまっしぐらです。また、一度利用すると、これまた慣れてしまう傾向があります。キャッシングに慣れる。つまりお金を借りることに慣れてしまうわけです。慣れとは本当に怖いもので、初めのドキドキ感も薄れてしまい、あとこれだけ“引き出せる”という間違った感覚になり、度合いによっては、麻痺(まひ)とさえいえる状況に陥ってしまうのです。