統合により業界トップに躍り出る!

業界再編! プロミスと三洋信販の統合
統合すると、業界トップに!今後もこんなことが起こるかも。
プロミスと三洋信販の両社が経営統合されると、消費者金融業界はどう変わるのでしょう? 現状の「消費者金融 貸付金残高ベスト5」はこうなっています。

1位 アイフル  1兆9852億円
2位 アコム   1兆6323億円
3位 プロミス  1兆4918億円
4位 武富士   1兆4318億円
5位 三洋信販    4993億円  (今年3月末時点)

 ↓↓↓ 統合されると ↓↓↓

1位 「プロミス+三洋信販」 1兆9911億円
2位 アイフル        1兆9852億円
3位 アコム         1兆6323億円
4位 武富士         1兆4318億円

僅差ではありますが、最大手であるアイフルを抜き、1兆9911億円で「首位」に躍り出ることになるのです。

今後も再編は起きる。私たちも学んでいこう!

消費者金融業界は今般のグレーゾーン金利の無効による債務額の圧縮や、貸出金利の上限引き下げ改正などによって、経営環境は厳しさを増しています。それは、数字をみても一目同然です。例えば、本年3月期の決算でプロミスは当期3800億円の赤字を計上。三洋信販も約890億円の当期赤字に転じています(他の消費者金融も相次いで赤字になってきています)。

このような厳しい環境のため、各消費者金融は人員や店舗のリストラに乗り出しています。しかし、経営統合がされることにより、さらなる大規模な重複店舗の削減なども可能になります。かつ、両社の強みや特色、得意分野が異なっていれば、消極的な“守り”だけではなく営業への“攻め”が強化されること繋がります。

消費者金融業界の大規模な統合は、今後も必ず起こります。まさしく“再編”の時代になることは必至なのです。私たちもより一層、借り先についての知識を理解し、賢く利用しなければいけないのです。がんばりましょう。


【関連リンク】

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。