ボーナスで8万円を支払うことの効果は

どれだけ違う?ボーナス返済ありとなし
返済のシュミレーションは、いろいろなサイトでできる。上手に利用してみよう。
さて、毎月の2万円に加え、ボーナス時に8万円を加算返済していくと、このように変化します。
『ボーナス併用返済』
返済回数:17回(うちボーナス返済3回)
返済総額:56万8898円(利息6万8898円)

ボーナス支給時などに8万円を3回加算返済させると、期間にして15ヶ月の短縮、利息分も約半分程になり6万2476円も安くなります。

各サイトを使い倒せ

増額返済の効果が大きく表れる状況は、借入額が高額・高金利・リボルビング返済等の返済回数が長い状況であればあるほど著しく表れます。ご自分の借金に一時増額返済をしたらどうなるのか、もっと数字をいろいろと変化させて検討したいという人は、各金融機関のホームページなどにある「返済シミュレーション」を使ってみると良いでしょう。

例えば今回のケースは、オリックスVIPローンカードのサイトにある返済シミュレーションを使っても同じ結果を知ることができます。
オリックスVIPローンカード返済シミュレーション

無理のない金額を毎月返済することも大事なことですが、今回のようにボーナス併用返済をしたり、少し余裕資金ができたら増額返済をすることにより、場合によっては大きな効果を生むので、貯蓄と返済のバランスを見ながらお得に完済できるように目指してください。借金を早く返すことは金額面のお得感だけではなく、精神的な負担も減ることでしょうしね。



【関連リンク】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。