返しているのは元金?利息?

金利を知らずして借金するべからず!
先の見えないこんな時代だから、借り入れには慎重でありたいもの。
先ほどの金利18%の例では、1ヶ月分の利息が約7400円でしたから、1万円を返済した場合、元金に充当されるのは約2600円。つまり、元金自体はあまり減っていないということになります。元本を減らさなければ、借金を完済することなど永遠にできません。

「返しても返しても、借金が減らない」とお嘆きの方、一回に支払う金額のうち、いくらが元金でいくらが利息なのかをまず意識してみてください。きっと減らない理由が分かるはずです。金利の仕組みを正しく理解することが、問題解決の第一歩。金利の奴隷には絶対になってはいけません。

大切なお金を、利息に使うのはもったいない!

「金利18%ならば50万借りて、1ヵ月で約7400円の利息」
一度に返せる50万円なら、7400円は安いかもしれません。でも分割返済するために毎月支払わなくてはいけない使用料であれば、高い買い物です。
懸命に働いて得た大切なお金から払うわけですから、出来れば少しでも安く済ませたいですね。

先の見えないこんな世の中ですから、自分のお金は自分で守らなければなりません。借りたお金を返すだけでも大変なのに、そのうえ利息がかかるのでは返済が苦しくなるのも当然の話。返済に行き詰らないためにも、返済総額がいくらになるのか、毎月の返済額のうちいくらが元金で、いくらが利息なのかなど、借り入れる前にある程度は把握しておくべきです。
上手に利用して上手に返す、そのためにも金利には敏感に、借り入れには細心の注意を払うことが必要です。


【関連リンク】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。