借りているけど利息は知らない、気にしない!?

1万円で1日5円弱。楽ちん利息計算法
キャッシングの金利はいったいいくら?具体的に出してみよう。
当然のことですが銀行やクレジットカード、消費者金融からお金を借りれば“利息”が掛かります。そんな当たり前のことですが、実際に借りてみると「さて利息はいくら掛かるのだろう??」と思っている人も実は多いものです。

これはお金を借りたり、返したりする人にとっては、必ず押さえておかなければならない知識です。そこで今回は、利息についての全体像を簡単に把握できるようにします。

この式さえおさえればOK!

単純に「この“金額”をこの“金利”で借りていたら、“利息”はいくら掛かるのか?」がよくある気になるシーンだと思います。まず利息の“基本計算式”はこうなります。

“元金(円)×金利(%・年利)×借りていた日数 / 365(日)= 利息(円)”

この式は、覚えておきましょう。簡単に使えます。
〔例〕~20万円を18%の金利で30日間借りたら…
200,000円×18%(0.18)×30日/365 = 2,959円
一週間などの数日利用や、50日利用するときでもこの式で簡単に利息が分かります。

ちょっと怖いけど、これも計算してみる。自転車操業の場合


お金を借りる→そのお金で返済→また他から借りる…、と繰り返していることを自転車操業とか多重債務といいますが、そのような状況だと、どれくらいの利息を払っているのでしょう。返済してもまた空いた利用可能枠から借りて返済するため、借金総額はほぼ一定の金額となっています。

複数のカード会社などからキャッシングして、借金が合計で300万円、金利は平均26%ある状態だと、年間でいくら利息が掛かっているのでしょう。
これも、先ほどの計算式を使えます。一年間の利息ですから365/365となり、前半だけの計算でOKですね。
3,000,000円×26%(0.26)×(365日/365)= 780,000円

怖ろしい利息ですね。一年間で78万円の利息が掛かっていることが分かります。新車は無理かもしれませんが、中古車を買える程のお金になります。このような多重債務状況にいる人は意外といるのに、そのことにしっかり気が付いている人は残念ながら少ないものです。大切なお金ですから、大切にあつかえるような解決法を今後考えて欲しいです。