借金しなくてもよいように、貯金できる人になりたい

借金していても貯金はしたい。みんなそう思います。どうするとうまくいくかは、向き合い方によります。

借金していても貯金はしたい。みんなそう思います。どうするとうまくいくかは、向き合い方によります。

借金の返済が難しくなったことがある人、返済が大変だと感じている人は、「貯金できるようになり、借金ばかりの生活にさよならしたい」と思うことが多いようです。相談者の中でも多くの割合を占めるのがそのような人です。多少の借金なら計画的に返済、ということも可能ですが、年収近くまで借金があるとかなり慎重に計画を立てていかなくてはいけません。

また、借金があっても貯金をしたい、という発想もおかしな話ではありません。ただ、何を優先させるべきなのか、の計画はきちんと立てていかなくてはいけません。

返済しながらも少しずつなら貯金はできそうだと思います。

時々そう話してくださる方もいますが、本当にできるでしょうか。複数会社から借金をしている方に見受ける傾向です。返済しながらも少しずつできる貯金は、本当に収入の中から捻出できているのでしょうか。家計の収支状況をきちんと見つめなおして見ましょう。そのためには収入と支出、きちんと書き出して見ることが大切です。

本当に言葉どおりにできているのなら心配は無いでしょう。貯金を計画通りに実行することをお勧めします。
ですが、中には収入から返しているのは1万円、残り3万円はなんと別なところから借りて捻出していた、という人も多いものなのです。知らず知らずにマイナス家計となっており、いくら借金を返しても、増えることはあっても減ることはまずありません。返すために毎月借りているわけですから、だんだんと家計が苦しい状況がひどくなり、貯金などといっている場合ではなくなります。貯金を考えるより、借金をどうやって返済していくべきかをまず考えなくてはいけません。

では、貯めると返す、金利はどうなっているでしょう。