奨学金ってどんなもの?

奨学金でブラックになるな!返還猶予制度<br>
奨学金が元でブラックリストに載るかも…。
学生が利用できる奨学金。最近は景気の状況も影響し、利用申込みをする人や申込みたいと考えている人が多いそうです。

利用者が最も多い日本学生支援機構(旧育英会)によると、奨学金とは「向学心に富みながら経済的な理由により学校に通うのがむずかしい学生を対象に、教育の機会均等を図り、豊かな人材の育成をする」ということを目的に学生本人に貸与されます。つまり学習の希望を持っているのに学費などの捻出が困難な状況にある学生に対し、お金を貸しましょうというものです。学生の「借金」なのです。

奨学金でブラックリスト入り?

今年1月の日経新聞に「奨学金 実質赤字300億円超(09年度)」という記事が掲載されたことをご存知の方も多いでしょう。日本学生支援機構の記事によると、今のところ運営には問題ないようですが、低所得・失業などを理由とした延滞者が増えているそうです。

返還される奨学金が次の奨学金の原資となるため、延滞者への対応策が検討されました。その結果、通常の借金の延滞者と同様に奨学金の延滞者も「個人信用情報機関」に登録されることになったのです。もう「奨学金」というきれいな響きは薄くなり、学生向けの借金といってもいいかもしれません。

個人信用情報機関へ登録するという内容は、平成20年12月5日に日本学生支援機構から詳細が発表されていますので、興味のある方は参考にしてください。
アドレス http://www.jasso.go.jp/kouhou/press/press081205.html