初任給だからこその使い道を

初任給
一生に一度の初任給。後から「何に使った?」とだけにはならないように
前のページでは、初任給でもしっかり積立を始めましょうというお話でした。でも、それだけでは少し寂しいですね。なんといっても、一生に一度の初任給です。心に残る使い方をしたいですね。

まず一番に考えたいのが、親への感謝。教育費は最低でも1人1000万円かかるといわれています。もちろん、お金だけではありませんが、社会人としてスタートを切るときには、感謝の気持ちを伝えたいですね。

また、これから何十年とお給料をもらうことになるでしょう。とはいっても、自由になるお金は、年々減っていくのがほとんど。後に後悔しないように、やりたいことをやっておくのも大切です。

初任給の使い道1位は「親にプレゼント」

最後に、gooランキング「初任給をどのように使うべきだったかランキング」の発表です。

新着情報30件→RSS
goo ランキング
初任給をどのように使うべきだったかランキング
1 親にプレゼント
2 貯金
3 趣味など自分の好きなことに使う
4 兄弟姉妹にプレゼント
5 贅沢な食事
6 仕事に必要なものを購入
7 通勤用の洋服購入
8 株などの投資
9 旅行
10 恋人にプレゼント
もっと見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

やはり、親や兄弟姉妹にプレゼントが1位、4位と上位を占めています。家族に感謝を表すのには、初任給でのプレゼントがベストタイミングなのかもしれませんね。 2位の貯金、8位の株などの投資は、まさに初任給から計画的に貯めるというところ。後からこうするべきだった……という思いは、家族への感謝と計画性が多いようです。

【関連記事】
2013年 学歴・業種別の初任給平均
2013年 都道府県別の初任給ランキング
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。