招待客1人あたり 2万7000円?

結婚式
披露宴でかかるお金は、衣装代、飲食代、会場費などさまざま
披露宴にかかるお金を考えるとき、招待客の数によって違いは出てくるのでしょうか? 「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」(リクルート社 結婚情報誌「ゼクシィ」)によると招待客人数は平均70.2人。挙式、披露宴・披露パーティ費用の合計は平均354万8000円でしたから、単純に計算すると、招待客1人あたりの平均は5万500円となります。

とはいっても、招待客1人に5万円のお金がかかっているというわけではありません。披露宴などの費用は、会場費や衣装代、司会、お花、写真やビデオ撮影などの固定費と、食事や飲み物、引き出物などの招待客ごとにかかる費用にわけられます。同じ調査で、お料理とお飲物の招待客1人あたりの費用の平均は1万8500円でした。また、引き出物の平均は5300円。

招待客1人に実際にかかる費用総額を考えてみましょう。平均的な例として、お料理と飲み物で1万9000円、引き出物が5000円、招待状や宛名書きなどの雑費で3000円と考えると、1人当たりにかかる費用は2万7000円という計算になります。
 

招待客が多いほど黒字に近づく?

<披露宴・披露パーティのご祝儀額(万円)> 披露宴・披露パーティのご祝儀額の総額と招待客別1人あたりのご祝儀額の平均。招待客別では、友人・同僚が3万円、親族が6万5000円と2倍近くの差が (出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2017undefined結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート社発行))。

<披露宴・披露パーティのご祝儀額(万円)> 披露宴・披露パーティのご祝儀額の総額と招待客別1人あたりのご祝儀額の平均。招待客別では、友人・同僚が3万円、親族が6万5000円と2倍近くの差が (出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2017 結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート社発行))。

披露宴・披露パーティでのご祝儀の額を見ておきましょう。上の表は、ご祝儀額の総額と招待客別の1人当たりのご祝儀額です。

このデータでの招待客の平均は70.2人。ご祝儀総額230万7000円を単純に70.2人で割ると、1人あたりのご祝儀は3万2800円という計算になります。

披露宴や披露パーティで招待客1人にかかるお金は約2万7000円。ご祝儀で入ってくるお金は3万2800円。1人あたり5800円の黒字ということになります。 その分を会場費や衣装代などの固定費にまわせるということですね。

ということは、招待客が多いほど赤字の額が減るということがいえそうです。招待客が多くなると、会場や装花などにかかる固定費用も多少は上がるでしょうが、相対的には招待客が多いほど黒字に近づけそうです。
 

親戚・上司の割合が高いと収支が好転

招待客別のご祝儀を見てみましょう。友人や同僚は3万円ですが、上司は3万8000円、恩師は3万6000円、親族は6万5000円となっています。ということは、上司恩師、親戚の招待客が多いと、それだけ手元に残るお金が増えるということ。

披露宴や披露パーティは親戚や上司などの招待を多くして、友人などは会費制の2次会で盛り上がるというのも手ですね。
 

ご祝儀は新生活への蓄えと考えるべし

披露宴や披露パーティが終わると、新生活が始まります。これから長い生活が始まるわけです。そんな生活が始まると、5万円や10万円のお金が大金になってきます。 新生活にはたくさんのお金が必要となります。

また、妊娠や出産となれば新たなお金も必要になってきます。まとまったお金を貯められる機会はそうありません。できれば、ご祝儀は「新生活への蓄え」と割り切って計画をたてたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。