家計管理というのは、お金をどう管理するかということです。お金を管理するのには「見直す」「節約する」「稼ぐ」の3つの方法があります。「今よりも稼ぐ」ことを考えた時、スキルアップするために資格をとろうと考えている人が最近とても増えてきました。「教育訓練給付金」という制度ができたということもありますが、やはり自分のために資格をとって自分を磨きたい、うまくいけば今よりも良い条件で転職ができるかもしれないと思っている人も多いでしょう。

かくゆう私も資格を取得してファイナンシャル・プランナーとしてコンサルティング会社に、宅地建物主任として不動産会社にと充実した日々?(そう思いたい)を送っているわけです。今回は私がどのように資格をとって、このような仕事についたのかをお話しましょう。

資格を取るにあたって、当然自分の興味のある分野の資格を選ぶと思いますが、今まで自分が取得した資格も考えながら資格を取ると、その資格が何倍にも生きることがあります。私の場合、証券会社に勤務していたので、「証券外務員資格」という金融の資格を最初持っていました。そしてそれから「生命保険の外務員資格」を取得して、保険の知識をつけました。この後しばらくブランクがあって、主婦業をしていたのですが、やはり「仕事に復帰したい」そう思った時、「今までの経験使って何かできないだろうか。そのために必要な資格は何だろう」と考えたのです。