<確定申告基本のき>

・申告できるのはいつからいつまで?
正式な確定申告は2月16日~3月15日までです。でもサラリーマンの還付申告は1月4日から受付をスタートしています。この還付申告とは、サラリーマンの場合は通常は、所得税は給与天引になっているのですが、医療費控除や、住宅ローン控除などの控除を計算していないので、税金が払いすぎている場合があります。その税金を返してもらうために行う確定申告のことを還付申告といいます。

<関連サイト>税金の基礎知識


・申告用紙はどうするの?どうやって提出するの?
申告用紙は税務署だけでなく、市区町村役場にもあります。また、税務署に行かなくても、郵送で提出OKの場合もあるので、税務署に問い合わせてみましょう。
「書き方がわからない!」という人は、税務署に行って「確定申告作成コーナー」に行けば、書き方を教えてくれますよ。

<パートでも確定申告でお金が戻る?>

パート、アルバイトで年末調整を受けていない人は、確定申告によって税金の全部、もしくは一部が戻ることがあります。例えば、勤務先で源泉徴収されていたけれど、年の途中で辞めてしまい、年末時点では働いていなかった人や、1年間の収入が103万円以下で源泉徴収をされている人などは、3月15日までの確定申告でお金が全額または、一部が戻ってくる場合があるので、税務署などに問い合わせてみましょう。

<年の途中でパート、アルバイトをやめてしまった場合>

主婦などでパートをしていて、なんらかの理由でパートを辞めた場合、会社が年末調整を行ってくれるはずだった生命保険料・損害保険料・扶養親族などの控除の計算ができていません。その場合は確定申告することによりお金が戻ってくることがあります。(ただし、ご主人が会社で申告していない分ですよ。)