お金を貯める悩みの中でも、特に多い「私がこんなに頑張っているのに、夫は協力してくれない!」という悩みにお答えします。
 

頑張っているあなたへ

この悩みを持つ奥さまは、とてもまじめな人が多いですね。家計簿をつけたり、底値買いをしたり、貯金に励んだり。ですから、家計のピンチに耐えられずご主人にSOSを出すのですがうまく行きません。

育って来た環境や価値観が違えば、当然お金に対する考え方も違います。この相談を受けると、私は相談者である奥さまに「ご主人はよく出来る奥さまと結婚して幸せですね」とお話しします。だって、妻も非協力的だったらきっと将来困った事になります!

お金を貯めるのは、夫婦の協力が不可欠。でも、役割分担があってもいいのです。ご夫婦どちらも熱心で、お金について同じくらいの理解力があるカップルは1割いるかいないかです(FP山口調べ)。どちらかが熱心で、どちらかがそれについていくカップルがほとんどです。

まずは夫を、同じ土俵に無理矢理乗せようとするのはやめましょう。お金のことは奥さま主導、ご主人もなんとなくそれについてきたらお金が貯まっていた!というのが、この悩みを持つカップルの理想です。では、何となくついて来てもらうにはどうすればよいでしょうか?
 

言ってはいけないセリフ

貯められない夫にも、いろいろなタイプがあります。
  • 多忙型
  • 無関心型
  • 浪費型
忙しくてお金のことを考える暇がなかったり、お金に対して興味がなかったり、今の楽しみを優先させて使いすぎてしまったり……、どれも困りますね。中には、二種混合型や三種混合型といったちょっとやっかいなケースもあります。あなたのご主人は、どのタイプですか?

ここで全てのタイプに共通する、ご主人が嫌がるセリフをリストアップします。
  • 「お金がないのよ」
  • 「私だけ、頑張ってるのに」
  • 「どうするつもり?」
なぜ、これらの言葉が逆効果なのか考えてみましょう。「お金がないのよ」という言葉に対しては「オレが働いているんだぞ!」、「私だけ頑張って、節約してるのに」に対しては「オレだって、給料をもらうのに満員電車に乗って、上司のグチ効いて……」、「子どもが大きくなったらどうするつもり?」に対しては「うるさいな、知るもんか」といったご主人の心の声が聞こえてきそうです。

ただでさえ忙しくて面倒で興味がないお金の話をするのに、責めたりしてはいけません。以前、新婚の奥さまが「新婚生活にはこんなにもお金がかかるし、将来もこんなにお金がかかるのに、なぜあなたは貯金がないの!!」と浪費型のご主人を責めて、ご主人が体調を崩されたケースがありました。

では次に、ご主人と上手くお金の話をする方法を紹介します。
 

お金の話の切り出し方

 
将来の不安、将来の楽しい夢!どちらの話が「お金を貯める気」にさせる?

将来の不安、将来の楽しい夢!どちらの話が「お金を貯める気」にさせる?

お金に関心がなくても、浪費家でもお金が増えた方がうれしいし、よそのお宅も気になります。ご主人の興味を引く話なら、聞く耳を持ってもらえるでしょう。まずはこの2つを押さえておきましょう。

■信頼出来る情報
新聞、雑誌、友達の○○さん、実家の家族、親戚
■おどろきの数字
30代の平均貯蓄額マンションの平均頭金老後のお金教育費

例えばこんな感じです。「ねえねえ、そういえば新聞で見たんだけど、30代の平均貯蓄額っていくらだと思う?……30代で620万円、40代で1000万円(総務省家計調査)だって‼」
「ねえ、雑誌で見たんだけど、マンションの頭金の平均っていくらだと思う? 900万円だって!」。ここで大切なのは、「みんな実は貯めている」という事実をしっかりアピールする事です。
 

不安感と希望

「みんな貯めている」という事実をアピールした次に、どんな話をするのが効果的かをみていきましょう。
 
  • お金を貯めないと困ったことになる!
  • お金を貯めるといっぱいいい事がある!

どちらもゴールは「お金を貯める」ですが、ご主人の性格によってどちらの話をした方がいいかは違います。ご主人の反応を見ながら、効き目のありそうな方を話します。

■困った編
  • 「貯金だけじゃお金が増えないからけっこうみんな運用してるらしいよ」
  • 「年金だけじゃ足らないから、個人年金に入ってる人もいるんだって」
  • 「老後だけで1億円だって!」
  • 「大学の授業料って、子どもが少ないのに毎年値上げされてるんだって」
  • 「どんどん物の値段って上がるらしいよ」

■いいこと編
  • 「毎月、夫婦で1万円ずつ貯めると30年で770万円になるんだって!」
  • 学資保険って払ったお金より、満期でもらえるお金が多いのもあるんだって」
  • 「マンションのチラシを見たら、もう少し頑張ればマンションの頭金が貯められそうなんだけど……」
  • 「毎日、300円貯金を夫婦ですると5年で100万円超えちゃうんだって!」

話す奥さんが興味のある話題や、夫婦の世帯年収にあわせて話題を選ぶといいですね。では次に、具体的な貯める仕組みと困った浪費型へのアドバイスです。
 

一緒に貯める仕組みを作る2大作戦

■ありがとう作戦
楽しく協力してもらう為に、「ありがとう作戦」はとても有効です。日頃から、この作戦を取りつつ、具体的な貯める仕組みに協力してもらうのがいいですね。
 
「お金がないのよ!」から「ありがとう!」へ。聞く耳を持ってもらう作戦です。

「お金がないのよ!」から「ありがとう!」へ。聞く耳を持ってもらう作戦です。


「○○(ご主人の名前)が仕事頑張ってくれるから、私もやりくり頑張れるわ!ありがとう」ここで大切なのは、とにかく「ありがとう」を言うことです。最初は感謝の気持がこもってなくてもいいんです。「ありがとう」と言われて嫌な人はいないので、とにかく言ってみることです。

■ワンランクアップ作戦
あとちょっと頑張るとこれができる、という共通の目標が持てるといいですね。マンションのモデルルームや住宅展示場に行くのもおもしろい作戦です。どちらもその場で簡単な資金繰りの説明やシミュレーションの資料を見せてくれますので、将来の自分達がイメージしやすくなります。

冷やかしのつもりで、マンションのモデルルームに行ったあるご主人は「オレにも買えそうだ!」と一念発起してまじめに貯蓄に励み、1年後にマンションを購入。また別のご主人は、ローン返済に35年もかかる事を知り、その日から「無駄にお金を使っている場合ではない!」と思うようになったそうです。
 

貯める仕組み

いよいよ貯めるときが来ました。500円玉貯金でもいいし、積立定期預金で先取り貯金をして残りはお小遣いね! という方法でもいいですね。また、絶対に下ろさない貯める専用口座を作るのもいいでしょう。挫折しない金額を目標に、少しずつ「貯められる夫」になってもらいましょう。
 

浪費型へのアドバイス

どうしても奥さまだけでは、解決できない問題もあります。ご主人が借金をしてしまう、お酒を飲む、高額な買い物をするといった問題は、専門家に相談する事で解決の糸口がつかめます。ひとりで悩まず、相談出来るところを知っておきましょう。

いかがでしたか? もう一度復習してみましょう。1.「お金がない!」と責めない。2. 具体的な数字と信頼出来る情報を伝える。3. 貯めないデメリット、貯めるメリット。4. モチベーションアップ。5.「ありがとう」と言う。解決出来ない問題は、専門家に相談。成功をお祈りします!

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。