デジタル一眼カメラの最新事情

かつては高嶺の花とされていたデジタル一眼カメラも、2003年にEOS Kissデジタルが発売されてからは初心者にも手の届く価格のものが多くなってきました。また、かつては「フィルム一眼カメラの置き換え」であったものが、真にデジタルとしての機能を用いたデジタル一眼カメラが発売されるようになっています。

その結果として初心者用からプロ・ハイアマチュア用まで現行機種だけでも20機種以上、充分な戦力としてカウントできる一世代前のものも含めれば50機種以上が存在しているという百花繚乱の状況となっています。デジタル一眼カメラ選びはカタログを見ることすら一苦労。

一口にデジタル一眼カメラと言っても使用用途によって選び方は大きく異なっています。そんなデジタル一眼カメラ選びに必要となる選択方法をいくつかのポイントにまとめてみたので、参考にしていただければ幸いです。


あなたに必要なデジタル一眼カメラの機能とは?

デジタル一眼カメラも家電の一種。ご他聞に漏れず高額なものであればあるほど、機能として優れているのは間違いないところです。たとえば、同じEOSというブランド名であってもエントリー機であるEOS Kiss X50と、プロフェッショナル向けの最上位機種となるEOS-1Ds MkIII、あるいは機動性の高いEOS-1D MkIVでは何から何まで異なっています。

分かりやすい指標としては連写枚数が挙げられます。EOS Kiss X50では秒間3枚、EOS-1D MkIVでは秒間10枚。実に3.3倍という圧倒的な差がついています。しかし、一般的なユーザーには秒間10枚もの連写性能は必要ではないことがほとんどでしょう。

こういった面も含めて、デジタル一眼カメラというものの選び方をチェックしていくとしてみましょう。


いま初心者におすすめのデジタル一眼カメラ

・ニコン D3200 レンズキット
2012年6月現在、デジタル一眼レフとしてもっともオススメできるのがニコンのエントリーモデルとなるD3200。一昔前のハイエンドと同等となる2400万画素のイメージセンサを搭載しており、驚くほどの解像度を実現しています。初心者向けのガイドモードもあるので、「こういった写真が撮りたい」という欲求を満たすこともできます。

【関連記事】
エントリークラスの正統進化機 ニコン D3200 レビュー



・ソニー NEX-5N ダブルレンズキット
小型軽量という長所で勢力を伸ばしてきているミラーレスデジタル一眼カメラからはNEX-5Nをピックアップしました。最上位機種のNEX-7もユニークな機種となっていますが、NEX-5を進化させたNEX-5Nはミラーレスデジタル一眼カメラとして高い完成度を誇っています。動画撮影もフルHDで60Pまで対応しています。

本体重量はメモリーカード、バッテリー込みで269グラム。パンケーキレンズのSEL16F28を含めた全体重量でも336グラムと軽量です。全体のかさも小さく、日常の持ち歩きにオススメできます。このあたりの詳細については「重量・形状で選ぶデジタル一眼カメラ」を参照してください。



デジタル一眼カメラ選びのポイント

以下にデジタル一眼カメラ選びのために、ポイントを7つにまとめてみました。それぞれの解説をもとに、自分に合ったデジタル一眼カメラを選んでみてください。なお、カタログを読むときのリファレンスとして「基本の用語を押さえておこう」も合わせて参照してみてください。

【機能で選ぶ】
1. デジタル一眼カメラを重量・形状で選ぶ
デジタル一眼カメラ選びでもっとも重要なポイントはここ!

2. デジタル一眼カメラを画質で選ぶ
『画質のいいデジタルカメラ』とは?

3. デジタル一眼カメラを動画機能で選ぶ
動画撮影を主眼、もしくはある程度考慮して選ぶときは?

【使うシーンで選ぶ】
1. 日常で使うためのデジタル一眼カメラ選び
常に携帯することを考えたときの機種選びに。

2. 旅行で使うためのデジタル一眼カメラ選び
旅行に持っていくために必要となる機能、スペックを考えると……。

3. 子供・ペットを撮るためのデジタル一眼カメラ選び
デジタル一眼カメラよりも注目すべき場所は他にあります。

4. 動きのある被写体を撮るためのデジタル一眼カメラ選び
スポーツなどではまず数を撮ることが必要となります。


デジタル一眼カメラ選びのポイント:デジタル一眼カメラを重量・形状で選ぶ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。