非薄型のコンパクトデジタルカメラ

薄型ではないコンパクトは両極端な存在といえます。市価が1万円台の廉価版か、高機能・高画質にふった高級機となります。ここでは後者をピックアップしておきましょう。

【ガイドおすすめ機種】
・RICOH GR DIGITAL IV
念願の手ぶれ補正機構が搭載されて使い勝手が増した元祖高画質コンパクトデジカメ。オートフォーカスがハイブリッド方式になって、確度・速度共に大幅に上昇しているのもチェックポイント。また、電池切れを起こしても単4電池×2で撮影できるのもうれしいところです。(参考コンテンツ:リコー GR DIGITAL IVレビュー



レンズ一体型のコンパクトデジタルカメラ

現在レンズ一体型と呼ばれるものの多くが高倍率ズーム、それも24倍以上の超高倍率ズームレンズを搭載したものとなっています。

【ガイドおすすめ機種】
富士フイルム Finepix HS30EXR
24-720mm相当の30倍ズームレンズを搭載した「レンズ一体型」のコンパクトデジカメ。超解像技術で最大60倍ズームとしてつかうことができます。1/2型と比較的大きなイメージセンサを搭載していることもあって画質も良好。また、スーパーマクロで1cmまで被写体に接近できるのも◎。

 

コンパクトデジカメ選びのポイント:画質で選ぶコンパクトデジカメ



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。