保険に加入できなくても良いのです

なかなか、厳しいシニア保険事情です。しかし、壁にぶつかっても、どんなときのためにいくらお金が必要なのかを把握していれば、保険を考える前にたどり着く答えがあります。

シニア世代は若い世代よりお金を持っています。コツコツためてきた人、会社でも出世して給料も上がった人、会社の経営をしている人。お金を貯めようと思えば出来てしまう世代でも有るのです。保険はあくまで、現金を調達するための手段なのです。お金を十分に貯めている人にとっては不要なのです。

こうして考えると保険は現金を持たない人のための万一の際の現金調達手段です。お金がないというのも個人差がありますが、自分の考えている必要な保障を現金で補えないときのみ保険に加入するのが賢い保険利用といえます。

「保険に入りたい、入らなきゃ」という気持ちが先にたつから無駄な保険料を支払うという落とし穴に落ちてしまうのかもしれません。

【無料で生命保険見直しの「裏情報が読める!」】
「生命保険の見直し」ガイド長島が記事では読めない裏話や、本音について語ります。生命保険見直しに必要な情報が満載です。
登録は無料です、こちらへどうぞ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。