退職の際には必ず生命保険の見直しを!


さて、現実問題として、退職と同時に一気に死亡保障が減ってしまいます。

ここで、前述のように、「今まで払った保険料は何だったの」と思う方も少なくないと思いますが、ご安心ください。生命保険において、今まで支払った保険料にムダがあるということはありません。保障が切れるということはそれなりに安く上がっていたということなのです。

もちろん、大きすぎる保障は保険料のムダといえるかもしれませんが、もし60歳までになくなったとしたら、高額な保険金を手にできる可能性は確かにあったのです。損をしたと思っている人が多いですが、実は無駄はないのです。

私はここで国内大手生保をかばいたいわけではありません。皆さんが支払った保険料はムダではなかったことを理解していただきたいのです。

仮に60歳以降に大きな保障を継続していこうとすると、想像を上回る保険料となってしまいます。
契約当初から、終身保険のような全期型で長期の保険に入っていたとしたら、かなり高額な保険料を負担しなければいけなかったはずです。定期付終身保険よりもはるかに高い保険料をです。

さて、いずれにしても、保障の見直しにはいい機会です。

子どもの独立や、就職に伴い、必要保障額も大きく変わってくる時期です。ぜひ確認して次の一手について検討してみてはいかがでしょうか。

今お手元にある現金、そしてその他の資産、ご自身がなくなったときの家族に残すことができるお金はいくらなのか、一度でも考えをめぐらせていただけると良いと思います。

ここから先はこのガイドサイトでもいろいろと触れていますので他の記事も読んでみてください。