退職の際には必ず保険の見直しを!

団塊の世代が次々と退職を迎える中で、60歳前後で今まで保険料を支払ってきた生命保険に目を向けざるを得ないひとが多いのではないでしょうか。退職したときに、どんなことに注意して見直せばよいのかを考えて見ましょう。

更新終了で見直す生命保険

定年退職といえば、その昔、日本のサラリーマンの殆どが加入していた「定期保険特約付終身保険」が更新満了を迎える時期です。

この、定期付終身が悪名をはせた理由となる、更新終了時に一気に保障が減るという事実。皆さんもどこかで聞いたことがあるでしょう。

「5000万円の保障がついていたはずなのに、61歳でなくなった主人には200万円しか支払われなかった酷すぎる」
「気がついたら、保障が100万円しかなかった、いったい何のために保険料を何年も払ってきたのか」

といったお話もしくはこれに類似した事例を知っている人は決して少なくないでしょう。

加入時に、しっかりと代理店や営業マンが

「60歳をすぎると、保障は100万円になる保険なのです。ほとんどの方がなくなるのは60歳以降になくなりますのでこの保険はあくまで、60歳までになくなった場合の保障をお約束するものです60歳を過ぎると終身保険の100万円だけが残ります」

と説明すれば、「知らなかった!酷い・・」とはならないはずです。
よく説明しても忘れるといいますが、そんなことはなく、説明を受けたことは覚えている方がほとんどです。とにかくデメリットの情報ほどきっちりと説明する必要があるのは当たり前のことですから。

デメリットとなる情報を伝えてしまうと、購買意欲が低下する、加入してもらえなくなるという気持ちが営業マンの脳裏をよぎり、結果として、

「この5000万円の保障は60歳までです、他にもこんな保障や、あんな保障があります」

といった、肝心のところは伝えず、しかし間接的に60歳以降に保障が変更になる部分を伝えたことで、大事な部分を伝えたつもりにして、販売してしまっていたのではないでしょうか。

だから、「60歳でこんなことになるなんて、聞いていないよ」となるのでしょう。