中学から私立に入ることを想定する場合、私立時代である中学・高校・大学時代にかかる教育費を貯めることになります。小学校までの教育費は原則として家計の中からまかなう、という考え方です。

文部科学省「子どもの学習費調査(2006年度)」、同「データから見る日本の教育2006」によると、私立中学・私立高校・大学でかかる教育費と関連費は、次のとおりです。中学3年間380万円、高校3年間で313万円、大学4年間で581万円。これに、受験準備分として年間100万円×2年を加えると合計約1500万円。大学時代に下宿する可能性があれば、年間100万円程度の実費も別途かかりますので、それに上乗せして備える必要があります。

中学から私立の場合で、半分を貯蓄でまかない、半分を毎月の家計でまかなうパターンの場合は下記のようになります。年間1人につき100万~150万円の教育費が10年間にわたってかかり続けるため、準備をしっかり行うことも大事です。

もちろん、収入が高く家計の中で十分にまかなえる場合は貯蓄は不要ですが、そうでない場合は、中学入学前までに準備をしておきましょう。

<貯蓄目安額>(あくまでも目安です。中学以降私立文系の場合)
・大学が自宅通学なら800万~1000万円
・大学が下宿予定なら1000万~1200万円
*不足分は奨学金などで埋める。

参照:大学が国立の場合は、自宅通学で700万~900万円。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。