最近は平均寿命の延びや病気やケガに対する不安もあって、死亡保障よりも医療保障の方が注目されるようになりました。そして、保険会社や共済等が競って新しい医療保障の商品を発売したこともあり、多くの人が医療保険や共済に加入するようになりました。

ところが、あまりにも多くの種類の保障が登場した結果、加入者どころか保険会社自身も管理しきれなくなり、数年前には大量の不払い問題が発生しました。その中でも通院の保障は、誤解されたり見落とされたりしやすい保障でした。通院した場合、保障の対象になるのでしょうか? なる場合、風邪で病院へ行っただけで給付金をもらうことはできるのでしょうか? 通院の保障についてまとめてみました。

医療保険は通院だけでは何も保障されない

風邪で病院へ行っただけでは給付金はもらえないの?

風邪で病院へ行っただけでは給付金はもらえないの?

今日では病気やケガで入院・手術をした時の経済的負担に備える医療保険が数多く存在しています。しかし、病院へ行って治療をしたら何でも医療保険の保障対象になるわけではありません。

一般的な医療保険は、病気やケガで入院・手術をした場合に入院給付金や手術給付金を受取れる保障内容になっていて、通院しただけでは給付金を受取ることができません。もし通院への保障を必要とするなら、通院保障特約を付ける必要があります。

しかし、医療保険に付加する通院保障特約は、入院給付金を支払うような入院をし、その後退院して通院するような場合を前提としています。つまり、風邪を引いたから近所の病院に行って診察してもらっただけのような入院を伴わない通院は保障の対象になりません。

医療保険の通院保障例

医療保険の通院保障例


ただ例外もあり、入院を伴わない通院でも給付金を受取ることが可能な医療保険もあります。

医療保険で通院も保障される例

医療保険で通院も保障される例


通院の保障は医療保険の特約として多くの保険会社で用意されていましたが、生保不払い問題の原因のひとつだったこともあって廃止されるケースが多かったですが、最近は再び増加傾向にあるようです。

では、共済はどうなっているのでしょうか? 次のページへ。