海外へ行く機会が多い人ほど利用価値は高い!

ユーロやポンド、豪ドルなど通貨の自由度が高まればさらに利用価値が高まりそう。
現地で外貨をそのまま使えるサービスを提供している金融機関は、まだあまり多くはありません。ソニー銀行やシティバンクでは外貨預金口座から現金を引き出したりデビット決済をしたりすることができます。

外貨預金にはユーロ建てや豪ドル建てのものもありますが、現地でそのまま使えるのは、米ドル建てのものだけが対象範囲のよう。さらに、便利なデビット決済機能がついているソニー銀行「MONEYKitグローバル」などはコスト(手数料など)が発生するため、年に1~2回以上海外へ行くという人の方が利用価値が高そうです。

でも、より便利に旅行したり生活したりしたいという欲求は尽きないもの。こういったサービスの需要は今後ますます高まりそうです。さらなるサービス向上に期待したいですね。各社のサービス概要を以下でご紹介しています。

【現地で外貨をそのまま使えるサービス】

国内で利用した場合は円普通預金口座から、海外で利用した場合は米ドル普通預金口座から決済できるクレジットカード

通貨:
米ドル※1

手数料など:
年会費……5250円※2

米ドル普通預金から外貨キャッシュカードで引出し可能(アメリカ国内のみ)

通貨:
米ドル

手数料など:
ATM利用手数料……2米ドル

※1円または米ドル以外の通貨で利用する場合は、使用時の為替レートで交換される
※2ただし、一定の条件を満たすと年会費がキャッシュバックされるキャンペーン有(2012年末まで)

以上のサービスを活用してぜひ海外旅行を楽しんでみてください!

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。