カード決済で為替レートに振り回されない

国内でいつも使うように、海外でもキャッシュカードが使えたらとっても便利!
外貨も資産の一部として取り入れることが定着しはじめて、日本円のようにスムーズに外貨を使いたい、という声が高まっています。

外貨を「使う」のは、主に海外に出かけたときですが、たいていの場合、日程はあらかじめ決まっているので、とつぜん為替レートが円安になったり、変動が大きくなっても対処のしようがありません。とくに、大きな買い物をするときは、クレジットカードを利用する人が少なくありませんが、クレジットカードの決済は利用した日とずれるため、帰国後に請求書をみるまで正確な金額がわからず安心できない……なんて経験もあるのではないでしょうか。

もしも、以前から積立てていたり、運用していたりする外貨をそのまま使うことができれば、旅行中の為替レートの変動を心配することも、ハッキリした金額が分からず不安になることもありません。

外貨預金をキャッシュやT/Cとして持参することも

都市銀行などでは、外貨預金を外貨のキャッシュやT/Cとして引き出すことができます。また、証券会社やFX会社などでも外貨のままで銀行などへ送金し、そこから引き出すことができるサービスが広がっています。銀行の場合、外貨預金をキャッシュとして引き出すには1米ドル当たり2円程度、T/Cなら購入額の1%程度の手数料が発生するのが一般的です。

T/Cは安全性が高く、手数料も割安なのですが、現地で使う際にパスポートの提示を求められたり、ホテルなどでの両替を断られたりすることもあるので利便性はいまいち。一方キャッシュは、使いやすいけれどまとまった額を携帯するのは安全面で問題です。

そこで、銀行や証券会社の国際キャッシュカードサービスも検証してみることにしましょう。特に、現地で自分の外貨預金口座からキャッシュを引き出したり、デビットカードとして利用できたりするサービスをピックアップして、その利便性やコストを比べながらご紹介します。