家族のお弁当レシピ/ガイドのおすすめ肉料理

15分で簡単! 親子丼のレシピ・作り方

ふんわり卵に甘辛ダシ、みんなが大好きな優しい味の丼。家庭料理の定番メニューの1つで、少ない材料で短時間で作れるのもうれしいですね。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
15分で簡単! 親子丼のレシピ・作り方

所要時間:15分

カテゴリー:親子丼

 

愛される親子丼

明治時代、今も東京・人形町にある老舗鶏料理店の出前限定メニューとして始まったと言われる「親子丼」。当時は、鶏肉を割り下で煮て卵でとじたものをご飯に乗せたもので、ねぎや玉ねぎなどは使われなかったそう。今ではすっかり定番家庭料理になりました。今回は、脂がのってコクのある鶏もも肉を使いました。あっさりしたのがお好みの方は、ささみや胸肉で作ってください。

親子丼の材料(2人分

親子丼の材料
ご飯 丼2杯(約360g)
鶏もも肉 1枚(約150g)
4個
たまねぎ 1/4個
三つ葉 少々
鶏肉の下味用調味料
大さじ1
醤油 小さじ2
割り下の調味料
だし 200cc
みりん 大さじ2
大さじ1
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2

親子丼の作り方・手順

親子丼の作り方

1:割り下を作る

割り下を作る
鍋に割り下の調味料を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせたら火を止めてそのまま置いておきます。

2:玉ねぎとみつばを切る

玉ねぎとみつばを切る
玉ねぎは皮をむいて薄切りに、みつばは2cm程度の長さに切ります。

3:鶏肉の下ごしらえをする

鶏肉の下ごしらえをする
鶏肉は皮と余分な脂を除き、一口大に切ります。下味用調味料をふって軽くもみ込んでおきます。

4:親子鍋に1人分の割り下と具を入れる

親子鍋に1人分の割り下と具を入れる
親子鍋に1人分の割り下・鶏肉・玉ねぎを入れて火にかけます。沸騰したら火を弱め、鶏肉に火が通るまで煮ます。

5:溶き卵でとじる

溶き卵でとじる
鶏肉に火が通ったら、溶き卵を回しいれて全体をとじ、みつばを散らします。卵の日の通り具合がお好みの加減になったら、丼によそっておいたご飯の上へ乗せます。

6:ご飯にのせる

ご飯にのせる
卵の火の通り具合がお好みの加減になったら、丼によそっておいたご飯の上へ乗せます。

ガイドのワンポイントアドバイス

親子鍋はご飯に具がのせやすく、1人分の分量を作るのにも便利。それがない時は、こびりつかない樹脂加工の小さいフライパンなどを使うとよいでしょう。今回は卵を2個使用しましたが、卵の量はお好みで。玉ねぎがないときは、長ねぎの白い部分をお使い下さい。割り下も、お好みで砂糖やしょうゆを調節して下さい。

更新日:2013年10月15日

(公開日:2009年09月24日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    41

    この記事を共有する