手紙の書き方・文例/喪中はがき

喪中葉書の作成ポイント&文例集

喪中ハガキの作成にとりかかる時期です。逝去の知らせを送る側もいただく側も本当に悲しいもの。文例集もあわせて、作り方のポイントをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
欠礼状
送る相手が年賀状の準備をする12月初旬の頃までには届くように。
年賀欠礼の挨拶状(喪中ハガキ)の作成にとりかかる時期になりました。逝去の知らせを送る側もいただく側も本当に悲しいものです。

今回は文例集もあわせて、作り方のポイントをご紹介します。


作成のポイント


  • 誰が亡くなったのかをはっきりと書くように。故人との続柄も入れること。
  • 「年賀」はNG。「年始」「年頭」にすること。
  • 「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語は不要。
  • 近況報告などは書かないように。

    ※最近では、印刷された市販のものやインターネットからダウンロードして、パソコンで作成されたものなど、多種多様です。丁寧な文例を選んでください。

    欠礼状
    画像提供「タカ印」
    <文章書き換え文例集>
  • 喪中につき年末年始のご挨拶は欠礼いたします。
  • 喪中につき年頭のご挨拶失礼させて戴きます。
  • 喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。
  • 喪中につき、勝手ながら新年のご挨拶は差し控えさせていただきます。
  • 服喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます。
  • 勝手ではございますが、新年のご挨拶は差し控えさせていただきます。

  • ○○月に ○ ○○○が○○才にて永眠いたしました
  • 父○○が本年七月に七十五歳にて永眠いたしました。
  • 八月に母 ○○(享年八十五歳)が永眠いたしました。
     
  • ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
    明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
  • 今年中賜りましたご厚情感謝いたしますと共に
    明年もかわらぬご指導とご交誼をお願い申し上げます
  • 茲に本年中のご芳情厚くお礼申し上げますと共に
    明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
  • これまで賜りましたご厚情に、故人になり代わりまして
    厚く御礼申し上げます。
  • ここに本年中に賜りましたご厚情を深く感謝しますと共に
    明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

    平成○○年十二月


    自分で作るよりももっと簡単に作るワザはこちらから


    表書き、作成にあたって注意することは次のページで>>>

更新日:2007年11月14日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する