グルメ・各国料理(海外)/世界の名レストラン

世界で最も有名な日本料理店NOBUが香港に!

世界中のおいしいものが集まるグルメパラダイス、香港のレストラン最新ニュース。2006/12/24にインターコンチネンタル香港にオープンしたばかりのNOBUなど、今すぐチェックしたいレストラン情報をお届けします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最高のホテルレストランに選ばれたスプーン

2004年12月オープンのベージュ東京も手がけているアラン・デュカス氏
インターコンチネンタル香港に2003年10月にオープンしたのが、SPOON by Alain Ducasse(アランデュカスのスプーン)。弱冠33歳で三ツ星を獲得したシェフ、アラン・デュカスのフレンチレストランです。

アラン・デュカスは創造的でユニークな料理を創るシェフとしてその名を世界的に知られるようになりました。2003年には、アメリカン・アカデミー・オブ・ホスピタリティ・サイエンシズの「世界の最もすばらしいシェフ」賞を受賞しており、その実力は世界中の誰もが認めるところ。

特等席で夜景を見ながら、落ち着いた雰囲気のディナーを楽しめる
香港のスプーンもオープンから3年が経ち、すでに香港では確固たる地位を築いています。つい最近ではHOTELS Magazine (USA)からは「10のホテルにある最高のレストラン」に選ばれました。また2005年6月からは、新シェフとしてパリの一つ星レストランLi Cortileに勤めていたオランダ出身のTjaco Van Eijken氏を迎え、さらなる躍進を続けています。


迫力のワインリストと料理を彩る華麗な脇役たち

色鮮やかなスターター。食器類はフランスのChiristofle(フランス)を使用

料理のおいしさもさることながら、スプーンで特筆すべきは圧倒的な数のワインリスト。「スプーンのコンセプトはお客様にワインを冒険的な気持ちで選んでいただくようにすること」というにふさわしく、450のビンテージと4800本の在庫を誇ります。

選び抜かれたそのワインが注がれる美しいグラスは、アランデュカスグループのためだけにハンガリーで製造されたもの。赤や白などワインの種類に応じて4種類のグラスが用意されています。ほかにもカップやカトラリー、ひとつひとつが丁寧に選び抜かれた逸品。店名でもあるスプーンはザ・ジョルジェット。ちょっと風変わりなスプーンとフォークの両方に使えるものです。ほかに柳宗里のカクテルスプーンやサラダフォークも使われています。こうした細部へのこだわりが料理の味をいっそうひきたてるのですね。

<DATA>
■SPOON by Alain Ducasse
  • 所在地:18 Salisbury Road, Kowloon, Hong Kong
  • 交通・アクセス:インターコンチネンタル香港内、地下鉄尖沙咀駅から徒歩5分
  • TEL:852-2313-2256
  • 時間:18:00~24:00。スプーンバーは18:00~25:00、日曜はランチあり12:00~14:30
  • 予算:HK$450(約6,800円/Sexy Sunset Menu)、HK$750(約11,500円/Sexy Spoon Menu)など
  • ウェブサイト:SPOON
一流の食材が集まる香港だからこそ味わいたい一流シェフの味。いずれも人気レストランですので、どうぞ予約はお早めに。

【関連リンク】

更新日:2006年12月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する