美容サプリメント/美容サプリメント関連情報

鉄分の摂過ぎは危険がいっぱい!?

鉄分といえば、貧血ケアの基本。でも、急に貧血になってしまうこともある!?そんな鉄分も摂り過ぎると体にダメージを与えてしまう?!意外と知られていない鉄サプリの副作用とは?を解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄の働き

鉄
鉄は赤血球の中心となるミネラルです
鉄は、私たちが酸素を取り入れる上で欠かせないミネラル。体の中に蓄えられている量は、成人男性で約4.0g、女性では約2.5g。その中の約70%は赤血球の核となって体の隅々まで酸素を運ぶ働きをしています。また、数%は体の中で色々な働きをする酵素の材料として使われています。そして、残りがフェリチンやヘモシデリンとして肝臓や脾臓、骨髄、筋肉などに蓄えられているストック(貯蔵鉄)になるのです。

鉄欠乏性貧血は、このストック鉄が底をついて、赤血球の材料が不足しておこる症状。そのため、貧血といえば鉄サプリが定番になっています。
私たちが食事から摂っている鉄は2つの種類があって、植物性の食材に含まれる非ヘム鉄と、動物性の食材に含まれるヘム鉄に分けられます。気付いていない方もいるかもしれませんが、サプリメントにもこの2種類が混在しています。

貧血との関係ばかりが注目されがちな鉄ですが、不足したり多すぎたりすると、どんなことが起こってしまうのでしょうか。

鉄不足・過剰の症状

■ 不足
男性の貧血という話はほとんど聞きませんよね。実際、貧血で悩んでいる方の多くは女性。それもそのはず。女性の方が鉄不足になりやすい条件が揃っているからなのです。月経で毎月血液を失ったり、一般的に食事の量も少ないため不足してしまうのです。また、子供は、体が大きくなる時に大量の血液を作る必要があるため、成長期に貧血になってしまうことも。同じように、お腹の中で赤ちゃんが一気に大きくなる妊娠後期も、貧血になってしまうことが多い時期なのです。

貧血
鉄欠乏性貧血は、血液中の血色素(ヘモグロビン)量が減ってしまった状態。ただ、この症状は、鉄欠乏が重度にならないと現れない症状なのです。なぜなら、鉄分の少ない食事が数日続いても、通常なら貯蔵鉄が使われてヘモグロビンが作られます。でも、それが追いつかないというのは、貯蔵鉄がほぼ空っぽになっているということ。鉄剤やサプリメントで治療するときは、症状が現れなくなっても貯蔵鉄が十分溜まるまでは摂り続けましょう。

その他の症状
異食症(氷、泥などが食べたくなる)、さじ状爪(爪が薄くなって反り返る)、脚がつるなどの症状もあります。また、運動機能や認知機能の低下・体温保持機能の低下・免疫機能の低下などがみられることがあります。

■ 過剰
鉄の過剰症は、すぐに症状が出るものと、少しずつ蓄積されることで起きるものがあります。中には取り返しのつかない症状もあるので、注意が必要です。

胃腸障害
鉄剤やサプリメントを摂ってすぐに起こる過剰症の症状としては、吐き気・嘔吐・下痢・腸の損傷等の胃腸障害があります。

血色素症
過剰な鉄は体のいろいろな部分に蓄積され、皮膚の色素沈着などをおこします。また、血管を始め、脳・肝臓・すい臓など色々な臓器にダメージを与えます。そのため、その状態が長期間続くと、血管疾患(血管の劣化して切れやすくなる)、肝硬変や糖尿病につながるリスクもたかくなります。

通常の食事で鉄の過剰症を起こすことは、ほとんどありません。でも、鉄剤やサプリメント・錆びた水道管の水を飲み続けることで、過剰症を起こすこともあります。だから、鉄サプリは自己判断で摂らないというのが基本です。

次のページでは、鉄をしっかり摂る方法

更新日:2008年01月31日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    26

    この記事を共有する