美容サプリメント/美容サプリメント関連情報

ビタミンCはピルと一緒に飲んじゃダメ?

避妊や体調管理のためにピルを飲んでいる方、ご用心。ピルとサプリの飲み合わせで、思いも寄らない結果になることも!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽なピル だけど…

ピル
気軽に使えるからこそ注意が必要
ピルと言えば知らない女性はいないほど有名な経口避妊薬。
1998年に認可されてから8年。その間に経口避妊薬としてだけではなく、女性ホルモンをコントロールすることで生理痛の緩和や、子宮内膜症の改善まで色々な目的で使われるようになってきました。

さて、実際にピルを使っている もしくは 使ってみようかと考えている方、ピルとサプリの飲み合わせって考えたことありますか?あまり知られていませんが、ピルとあまり相性の良くないサプリメントもあるのです。
今回は、ピルユーザーはちょっと注意が必要なサプリメントを解説します。

ビタミンCとピル

美肌サプリの定番といえばビタミンC。そのビタミンCですが、ピルとの併用にはちょっと注意が必要そうです。

1981年英国メディカルジャーナル  Briggs MH氏の論文にこんな報告があるのです。
『低用量ピル(トリキラー、トリファジル、ノルデット)の服用者12人が、50mgまたは1000mgのビタミンCサプリメントをピルと一緒に服用。その結果、ピルユーザーが大量のビタミンCを摂取すると、低エストロゲンピルでも高エストロゲンピルと同じだけの強い作用が見られるようになることがわかった。』

つまり、低用量ピルを摂っていても、高用量ピルと同じだけの作用が出てしまうのです。それはつまり、副作用も強く出てしまうということ。偏頭痛や吐き気など、ピルの副作用は人それぞれですが、副作用が気になっている方はビタミンCとの併用には注意しましょう。

セントジョーンズワートとピル

セントジョーンズワートについては、記事五月の憂鬱に効くサプリでも紹介しましたが、薬やサプリとの飲み合わせに注意が必要なハーブです。
ピルと併用した場合、セントジョーンズワートとの相互作用により、ピルの効果を弱めしまうことが知られています。避妊のためにピルを摂っていても、作用が弱くなれば妊娠の可能性が高くなります。また、子宮内膜症など治療のためにピルを使用している場合、ピルの作用が弱まれば病気の治療に支障をきたしてしまうので、ピルユーザーはセントジョーンズワートの併用は避けましょう。

女性ホルモン系サプリとピル

ピル
胸は気になるけど、健康被害はもっと嫌。
意外と気付かず摂っているのが、大豆イソフラボン、プエラリア・ミリフィカなどの女性ホルモンに似た成分が入ったサプリメント。ピル自体が女性ホルモンを補う薬品なので、それ以上にサプリメントで追加してしまうと、副作用が起こりやすくなったり強く出てしまいます。
女性ホルモン系の成分は「胸が大きくなる!」とPRしているサプリメントに入っていることが多いため、意図せず摂ってしまうこともあります。ピルを使用するときは必ず内容を確認してサプリメントを選ぶようにましょう。

今回は一般的に注意が必要な成分を紹介しましたが、これ以外にも、体質によって組み合わせによる副作用が表れる可能性もあります。ピル使用中にサプリメントを併用する場合は、必ず医師に確認してくださいね。


最新のサプリメント活用術をガイドメルマガでご案内!登録はこちら

【関連リンク】
・All About >> 女性の健康 >> ピルについて詳しく教えて!~基礎知識編
・All About >> 薬について >> ピルのメリット、デメリット
・All About >> 薬について >> 経口避妊薬、ピルに関するリンク

編集部おすすめの購入サイト

楽天市場で人気の美容サプリメントを見る

更新日:2006年09月26日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する