美容サプリメント/基礎栄養サプリメント

意外と知らない!ビタミンCの真実

サプリメントだけでなくお菓子やジュースなどでも人気のビタミンC。黄色くてすっぱいイメージが定着しているようですが、実は…。本当のビタミンCはどんな栄養素なのかを解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンCの働き

ビタミンC
ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼ばれる水溶性のビタミン。アスコルビン酸っていう名前は食品の成分表示の中でよく見かけますね。ビタミンCは酸化を防ぐパワーが強いので酸化防止剤として食品に使われることも多いのです。
もちろん、サプリメントとしても認知度No.1というポピュラーなビタミン。一般的である一方で、イメージ先行で誤解されている部分もあるようです。あなたはどれくれいビタミンCについて知っていますか?今回はビタミンCの本当の姿に迫ってみましょう。

まず、ビタミンCの代表的な機能といえば、酸化を防ぐという働き。体の老化にもつながる酸化は、タバコや紫外線、ストレスなどによって発生した活性酸素によるダメージ。ビタミンCは自分が身代わりに酸化されることで、私たちの体を酸化から守ってくれています。
この他には、コラーゲンの合成、腸で鉄分の吸収を高める、ガン予防など色々なものがあります。コラーゲンの合成=健康な肌を作る事でもあるので、美肌にも欠かせないビタミンです。

ビタミンCは黄色くて酸っぱいイメージを持っていませんか?実はそれがビタミンCの誤解。本当は透明で、味はありません。ビタミンCを沢山含んでいるカリフラワーは、白くて酸味もないですよね。
「ビタミンC=柑橘類」のイメージを持っている人が多いため、お菓子やジュースに黄色く酸っぱい色や味を付けることが多くなっています。「ビタミンCがたっぷり入っている」という気分にさせるための仕掛けだったのです。

ビタミンC不足・過剰の症状

不足
水溶性のビタミンであるビタミンCは体の中に貯めておけません。極端にビタミンCの少ない生活を続けると2週間程度で不足症の症状が表れ始めます。ただ、普段の生活で欠乏症を起こすことはほとんどありません。
ビタミンCの消費量が増えてしまう要因(ストレス・タバコ・紫外線など)に心当たりがある方は、不足症にはならなくても不足気味かもしれません。

壊血:
ビタミンCが不足してコラーゲン繊維の合成能力が低くなってしまった状態。
コラーゲンは皮膚の材料であるだけでなく、筋肉や内臓を維持するにも欠かせないもの。そのコラーゲン繊維が弱くなってしまうと、毛細血管の出血や歯茎からの出血、幼児の場合は骨の発育不良がおきてしまいます。

他には、疲労感、食欲不振、不眠症などの症状もあります。しかし、他の栄養素の不足や病気でも同じような症状が出てしまうので、はっきりとビタミンC不足と判断するのは血液検査で血中濃度を調べたほうが良いでしょう。

過剰
通常の食品に含まれる量(1000mg以下)では過剰症の症状は特には認められていません。必要以上に摂取した場合、尿中に排泄されます。しかし、極端に大量のビタミンCを摂った場合、吐き気・下痢・腹痛などがおきてしまいます。症状は取り過ぎるのを止めれば収まります。
昔は、ビタミンCを摂り過ぎると結石になるという報告もありましたが、それは事実ではないことがわかってきました。(現在では否定されています。)

次のページでは、ビタミンCをしっかり摂る方法

更新日:2007年05月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    11

    この記事を共有する