毎日のお助けレシピ/基礎知識・用語

材料のはかり方

1つまみと少々とではどちらが多い? 大さじ1/2や1/3のはかり方は? 大さじ1強とか適量ってどれくらい? 適宜とは? すりきりってなあに? そんな疑問にお答えします。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はかる意義

料理を正確に、おいしく、しかも経済的に作るためには、“はかる作業”がとても重要なポイントになります。それには、計器を備えて、使いこなすことが大切です。はかることによって、食材のむだが抑えられます。間違いや失敗への不安がなくなり、自信を持って料理することができます。それに理科の実験のような面白味も加わって、料理を研究する心が生まれたりもします。調理に際しての、「容量や重量をはかる」 「時間をはかる」 「温度をはかる」の中から、ここでは、量を容量ではかる方法と、手ではかる「手ばかり」、見た目ではかる「目ばかり」を紹介します。

※量を容量ではかるとは:計量カップや計量スプーンではかるのは容量。はかりを用いてはかるのが重量。量を計量カップや計量スプーンではかる方法は、はかりではかるほどの正確さはないものの、とても簡単で便利なやり方。(計量カップ200cc、計量スプーン小5cc、大15ccと、容量が一定に決められたのは昭和26年のこと。)


はかり方のポイント

粉状のもの⇒かたまりのない状態で、軽く山盛りにすくい、上を平らにすり切る。

みそ、バター類⇒すき間のないように詰め、平らにする。


計量スプーンで粉類をはかる

■大さじ1強
大さじ1強
大さじ1強は、やや大盛り
レシピに大さじ1強と記載してあったら、やや大盛りにする。

■大さじ1
こんもり盛ってすりきる
山盛りにしてヘラですり切る
軽く山盛りにして、柄のほうからヘラかナイフの背で平らにすり切る。

■大さじ1/2
すりきって半分
大さじ1を半分にする
粉をすくいとってすり切り、真ん中にスジを入れ、1/2量を落とす。

■大さじ1/3
大さじ1/3
大さじ1に、三等分したスジを入れ、1/3量を残す 小さじ1と同量
大さじ1を、中心から3等分に切り分け、2つを取り除いて1つ残す。
※大さじ1/3=小さじ1

■大さじ1/4
すりきって1/4を残す
1/2量を2等分する
1/2量にしたものを、さらに2等分して片方を取り除く。

計量スプーンで液体をはかる

■大さじ1
醤油大さじ1(スプーン1杯)
液がスプーンになみなみと入っていて、こぼれ落ちない状態
一般的には、液が表面張力で盛り上がっていて、少々の振動ではこぼれ落ちない状態が大さじ1。 しかし、計量スプーンによって、容量が微妙に違う場合もある(実際に、水をすりきりにして15gというスプーンを持っている)。心配なら、お手持ちの計量スプーンで水をはかり、その重さをデジタルスケールではかりなおして確認し、そのことを覚えておけばいい。
※大さじ1=小さじ3

■大さじ1/2
醤油大さじ1/2
見た目は、大さじ1の半量には見えないが、これで大さじ1/2
大さじ1/2は、大さじ1とあまり変わらないようにも見える。1/2量の目盛りがついてる大さじもある。
※大さじ1/2=小さじ1と1/2

計量カップでのはかり方

200cc入り計量カップで粉をはかるときは、カップで粉をすくい、左手でカップを持って、ナイフの背かヘラですりきる。液体のときは、平らな場所にカップを置いてはかる。


計量カップ・スプーンによる重量表(g)

重量表
あまり実用性のないものを?と表示

手ではかる(手ばかり)

■塩少々
塩少々
親指と人さし指の、2本の指でつまんだ量
レシピに塩少々とあったら、親指と人さし指でつまんだ量ということ。 蛤や鯛の潮汁の1人分の分量はこれくらい。おおよそ小さじ1/8

■塩1つまみ
一つまみ
親指、人さし指、中指の3本指でつまんだ量
親指、人さし指、中指の3本の指でつまんだ量。100g程度の魚(アジ中1尾、イワシなら大1尾)を塩焼きにするときの振り塩はこれくらい。おおよそ小さじ1/4
※塩少々<塩ひとつまみ

■塩ひとにぎり
一握りの塩
片手で軽く握った量
片手で軽く握った量で、漬物のレシピによく使われる表現。小さめの白菜1個を漬ける時の目安となる量で、おおよそ大さじ2

目ではかる(目ばかり)

食材のだいたいの重さを目で覚えておくと便利。 


目ばかり+手ばかりで、100gとはこれぐらい

目ばかり&手ばかり
大根3cm ・ 玉ねぎ中1/2個 ・ きゅうり中1本 ・ 豆腐1/5~1/4丁 ・ いわし大1尾 ・ 長ねぎ1本 ・ じゃがいも小1個 ・ トマト小1個 ・ なす中1個 ・ ピーマン大3個 ・ スパゲッティひと握り ・ マカロニ片手2杯 ・ 卵M2個 ・コンビニのおにぎり1個のごはん

適量

その調味料を必ず入れるが、好みで量を加減すること。


適宜(てきぎ)

味をみた上で、必要があれば入れること。任意と同じ意味。


ガイドのワンポイントアドバイス

料理を作るのに、はかる作業はとても大事なことですが、毎日の食事作りのたびに、 全材料を計量器ではかっていては、面倒なこと極まりないです。 目ばかりや手ばかりを覚えて活用すれば、料理がいっそう手早く、楽に作れるはずです。

 

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年06月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する