ホームシアター/ホームシアター関連情報

格安ブランドテレビには「落とし穴」が!

格安テレビには「落とし穴」がいっぱい! 「安物買いの銭失い」にならない為の、チェックポイントをご紹介します!「目利き」になって、賢い買い物を!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目利き」が必要!格安テレビ選び!

良い画像はソフトで、立体感や自然な質感が感じられる。

画質面での弱点をほぼ克服し、普及期に入った液晶やプラズマテレビ。 購入する際のポイントとして、価格を重視する方も多いようです。

そんな中、気になる存在が、大手メーカー製ではない、「格安ブランド」でしょう。 最近では、地上デジタル放送対応が標準的となり、選択肢の一つとなりつつあります。

ただし、格安ブランドの中には、機能をシンプルにしたり、経費やマージンの節約で低価格を実現している製品もあれば、目先の低価格を目的に、安易に作られた製品もあり、「玉石混合」の状態にあります。

つまり、「目利き」でないと、「安物買いの銭失い」になる危険性が!!

今回は、格安ブランド製品に見られる「落とし穴」の傾向と、チェック方法をご紹介します。

 

 

まずは、肝心の画質

格安ブランド製品の場合、映像の「質」を問う以前に、「映像が破綻」していないかを見極める必要があります。

大手メーカー製品では有り得ない「問題」を抱えた製品も多いので、注意が必要です。

以下、購入前に、実際の映像でチェックしたいポイントを3つ挙げました。

黒潰れ/白飛び

症状と問題:

映像の黒部分が潰れたり、白部分が飛んでしまい、情報量が欠落。

チェック方法:

黒(人物の頭髪など)がべったりとした黒色に見ず、立体感が有るか?

白いシャツの折り目やボタンが見え、立体感が有るか?

改善方法:

運悪く買ってしまった人は、テレビの映像調整機能で、明るさ(黒のレベル)を上げ、コントラスト(白のレベル)を下げると改善できる可能性が有ります。(調整が有効でない、欠陥品とも言える製品も存在する。)

 

映像の縦伸び

症状と問題:

ハイビジョン放送の映像は、アスペクト比(縦横比)が16:9なので、テレビ画面も16:9が正常。

ところが、20型クラスのテレビでは、元来パソコン用の16:10パネルを流用し、映像が縦に伸びて映し出されるケースが有る。

チェック方法:

カタログのパネルスペックを確認し、画素数が「1440x900」や、「1680x1050」などの記載があれば要注意。

画面に映し出される、見慣れた丸いものや、人物を見ると、縦横比の狂いが分かり易い。

改善方法:

改善方法は無いので、購入前に必ず確認を。

 

ノイズ(輪郭のザラツキ感)

症状と問題:

シャープネスを高く設定すると、元来の映像には含まれない輪郭(白い線)が現れる。

一見、映像がシャープで解像度が高いように見えるが、製作者の意図した映像ではなく、何より目が疲れる。

チェック方法:

撮影時のピンボケによる遠近感が再現できているか、煙や雲など、柔らかなモノが自然な風合いで再現できているかを確認。

改善方法:

運悪く買ってしまった人は、テレビの映像調整機能で、シャープネスを下げる。 (調整が有効でない、欠陥品とも言える製品も存在する。)

 

次のページでは、音質や使い勝手のチェック項目デス!

更新日:2008年04月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する