エクササイズ/バランスボールエクササイズ

バランスボールの基本効果と簡単エクササイズ

バランスボールの効果的な使い方、ご存知ですか? ダイエットにいいらしい、姿勢がよくなるらしい、など何となく分かっているような気がするバランスボール。今回は種類から、なぜダイエットに効果があるのか?を徹底的にご紹介しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バランスボールを持っている、使った事がある人も多いと思いますが、なぜ人気があるのか? なぜダイエットに効果があるのか? 種類や使い方、効果などイマイチ分かりずらいかと思います。そこで今回は、より効果をあげるためにバランスボールのイロハをお教えしましょう。


バランスボールの効果の基本

バランスボールの使い方、効果、動きをマスターして、筋バランスのとれた美ボディを作りましょう!

バランスボールの使い方、効果、動きをマスターして、筋バランスのとれた   美ボディを作りましょう!

・体の筋バランスを整え、姿勢がよくなる
筋肉には体の外側にあるアウターマッスルと内部にあるインナーマッスルがあります。アウターマッスルは比較的大きな筋肉で瞬発力を伴い、パワフルな筋肉です。一方インナーマッスルは、サイズは小さいですが姿勢やバランスの調整に必要な筋肉で、日常生活において使われる筋肉です。

通常の筋トレは主にアウターマッスルを鍛える運動が多いですが、インナーマッスルも使わないと、体幹部の筋肉が衰え体に歪みが生じやすくなります。


・肩こり、腰痛などを改善
バランスボールを使い軽く運動するだけで、体のコリを解消できます。なぜなら、バランスを取るために、全身の筋肉を使い、猫背で血のめぐりが悪かった人も、背中の筋肉が緩んで血流が良くなり、自然と背筋が伸び、姿勢が良くなるから。また、座った姿勢でエクササイズする時には骨盤周辺の筋肉を動かし、体幹筋肉も鍛えられ代謝もアップします。


・ダイエット効果がある
ダイエットを成功させるためには、ストレッチで体をほぐし、血液循環をよくする。有酸素運動で体脂肪を燃焼しやすくする。筋トレで筋肉を作り、基礎代謝を上げる事が大切です。

特に、インナーマッスルを鍛え、整える事でさらに基礎代謝量を上げることが可能です。なぜなら、インナーマッスルは美しい姿勢をキープするために必要な筋肉群。ここが使われなくなると、歪みが生じ、内臓機能も低下という悪循環に陥り、結果太りやすい体に。つまり、このインナーマッスルを鍛える事は、内臓など体内の働きを良くさせ、なおかつ外見の美しさもアップさせるのです。

ただ、インナーと言うだけあって体の奥にある筋肉を鍛えるのは難しいと言われています。しかし、バランスボールを使えば必然的に身体のバランスを取る動きをするのでインナーマッスルを鍛える事が可能です。その点から言っても、バランスボールでバランスを取りながらストレッチをしたり、有酸素運動をしたり、筋力アップ運動をする事はダイエットに非常に効果的だと言う事がお分かり頂けると思います。

更新日:2014年04月28日

(公開日:2011年04月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    101

    この記事を共有する