子供の病気/水疱瘡(みずぼうそう)

水疱瘡(みずぼうそう)の原因・症状・検査診断

最初は1~2個程度の虫刺されのような湿疹です。それらの湿疹の中に数時間で水を含んだ水泡が現れ、1日かけてじわじわと全身に拡がってきたら水疱瘡です。ウイルスによって、全身に水泡ができるのです。感染力や、症状、経過、診断法について解説します。

この記事の担当ガイド

法律、経済など多くの資格をもつ現役のアレルギー・小児科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもに多い病気の1つである「水疱瘡(みずぼうそう)」。水疱瘡は水痘(すいとう)とも呼ばれています。
 

水疱瘡の症状・期間

このように、赤い発疹、水をもった発疹、つぶれてしまった発疹など様々な発疹が出てきます

赤い発疹、水泡、つぶれてしまった発疹など、様々な発疹が出てきます

水疱瘡は名前の通り、水を持った発疹が出ます。全身に赤い小さな発疹である「紅斑(こうはん)」や、もりあがった発疹である「丘疹(きゅうしん)」、中に水のような透明な液を含む「水泡(すいほう)」が出ます。

最初は1~2個程度の虫刺されのような湿疹です。それらの湿疹の中に数時間で水を含んだ水泡が現れ、1日かけてじわじわと全身に拡がってきたら水疱瘡です。

最初は虫刺されとの区別が難しいこともあるので、水疱瘡は1~2日してから確定診断することもあります。39度程度の発熱を伴うこともありますが、発熱もなく発疹元気な子どもも多いです。水疱瘡は伝染する感染症のため、診断されてから1週間程度は通学などを控え、自宅療養しなければなりません。

水をもった発疹は自然に潰れ、カサブタになります。1週間程度ですべてがカサブタになれば人への感染力がなくなるので、学校などに行けます。
 

水疱瘡の原因・感染力

水疱瘡の原因は、「水痘‐帯状疱疹ウイルス」というヘルペスウイルス。このウイルスは、ウイルス保持者のツバなどからうつる飛沫感染と、皮膚や手すりなどについたウイルスに触ってしまうことでうつる接触感染、小さくて軽いウイルスが空気中を漂ってうつる空気感染によって、人から人に感染します。特に空気感染ができる分、感染力は強く、同じ部屋にいるだけで感染してしまいます。たくさんの子どもが集まる予防接種会場で水疱瘡に感染してしまったという例も聞きます。

感染から発症までの潜伏期間は2~3週間程度。水疱瘡の子と遊んでもすぐには症状が出ませんが、2~3週間後に体にブツブツが出てくることが多いです。

大人になってから水疱瘡にかかると、38度以上の高熱が出て、湿疹の範囲も全身に広がり、子どもよりひどくなります。1週間程度でカサブタになりますが、すぐに湿疹の痕が消える子どもと違い、水疱瘡の跡が数か月から数年は残ってしまうことが多いです。
 

水疱瘡の検査・診断

症状と2~3日の経過から診断します。湿疹の様子を見ていけば、たいてい確定診断できますが、1~2個の発疹だけの状態が少し長くてはっきりしない場合は、血液検査で「水痘ウイルス」に感染しているかどうかを見ます。過去にかかったかどうかも、この検査で分かります。血液検査で水疱瘡ではないが、水疱瘡の抗体もないと分かった場合は今後感染する可能性があるので、予防接種をオススメします。

水疱瘡の治療法については、「水疱瘡(みずぼうそう)の治療・予防(予防接種など)」にまとめています。予防接種について不安を感じる方は、「予防接種は危険? 受けるリスク vs 受けないリスク」をご一読ください。

更新日:2013年08月18日

(公開日:2009年07月31日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    54

    この記事を共有する