予防接種・ワクチン/ワクチン・予防接種の注意点・副作用

予防接種の注意点・副作用

子供の頃に、予防接種をしていきますが、ワクチンには様々な種類があるために、いつ頃からワクチンをして、ワクチンとワクチンで予防接種の接種間隔やワクチンでの注意が気になる所です。そこで、ここでは、ワクチン接種の接種間隔と接種時の注意点について説明します。

この記事の担当ガイド

法律、経済など多くの資格をもつ現役のアレルギー・小児科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予防接種前の注意・副作用

予防接種を受ける前に、今までの病気やアレルギーの有無を書きます

予防接種を受ける前は、その時の体調や今までの病気、アレルギーの有無を正確に申請すること

予防接種で使われるワクチンも、治療時の薬と同じく「副作用」があります。例えば、病原体が生きたままの生ワクチンを接種する場合、そのときの体調が悪く免疫が弱っていると弱い病原体でも病気になるリスクがあります。予防接種前の問診票に体温、風邪のような症状、薬のアレルギーの有無など、体調や体質を問う設問があるのはこのためです。

例えば、発熱中に予防接種をしてしまった場合、その後の発熱が元の病気のせいなのか、ワクチンのせいなのかの特定も難しくなります。保育園などで集団生活をしている小さい子供の場合、頻繁に風邪を引くことが多いようですが、体調の悪いときには無理をせず、元気なときに受けるようにしましょう。

予防接種後の注意

予防接種を受けた後も、アレルギー反応が出ないか観察するために、30分程度は接種した医療機関などにいるようにしましょう。子供の場合は、母子手帳にワクチンの種類、製造番号が記入されるので、万一帰宅後におかしな症状が出たときには母子手帳を持って医療機関に行きましょう。

特に注意が必要なのは、「インフルエンザワクチン」と「黄熱ワクチン」。これらのワクチンにはごく微量の卵白成分が含まれている可能性があるため、卵加工品でアナフィラキシーなどのアレルギー症状を起こしたことがある場合は、事前に皮膚テストをしておくことが望ましいです。

予防接種後の入浴は基本的に問題ありませんが、発熱があった場合や注射部位が腫れた場合は、無理な入浴は避け、部位を冷やすようにしましょう。

予防接種を連続して受ける場合の空けるべき間隔

1つの予防接種をしてから次の予防接種を受けられるようになる間隔は、生ワクチンか不活性ワクチンかで異なります。

ポリオやBCGなどの生ワクチンの場合は、ワクチン自体が強いので27日以上。インフルエンザやB型肝炎などの不活化ワクチンの場合は、ワクチンが弱いので6日以上あければ次の予防接種を受けることができます。

ただし、DPT三種混合ワクチンの予防接種は3~8週間の間隔で行います。できれば風邪シーズンを避け、体調のよいときに続けて接種しておきたいもの。抗体をしっかりとつけるためには、これぐらいの間隔をあけながら接種する必要があるのです。 

体調不良の時、妊娠中、持病がある場合の注意点は次ページで解説します。

更新日:2009年11月17日

(公開日:2009年11月09日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    8

    この記事を共有する