パワーポイント(PowerPoint)の使い方/パワーポイントの基本操作

パワポのスライドにメモ(コメント)を入れる

プレゼン資料を先輩や上司に見てもらうときは、「コメント」機能を使って必要な箇所にメッセージを残してもらうと便利です。コメントは電子的な付箋紙のようなもので、コメントを見るだけで、誰からどの箇所にどのような指摘があったのかがすぐわかります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作成したプレゼン資料を先輩や上司に見せて、アドバイスを受けるという機会は多いはずです。自分以外の人に見てもらうことで、間違いを発見したりわかりにくい部分に気付くことができる大切な機会です。

このとき、いろいろな人の意見をメールで受け取ったり、口頭で説明されたりすると、うっかり内容を忘れてしまうことがあります。できれば、スライドに直接意見を書き込んで欲しいところですが、そうすると、せっかく作成したスライドのレイアウトが崩れてしまう可能性もあります。複数の人でプレゼン資料を確認し合って、それぞれの意見を書き残すときは「コメント」機能を使うと便利です。

「コメント」は、電子的な付箋紙のような役目を果たすもので、名前付きでスライドにメモを残すことができるのです。スライド上の内容とは区別されているため、あとからコメントだけをまとめて閲覧したり削除したりといったことも容易に行えます。

スライドにコメントを残す

スライドにコメントを入れるには、コメントを入れたい文字や図形などを選択し、「校閲」タブの「コメント」グループにある「コメントの挿入」ボタンをクリックします。
PowerPoint2003では、「挿入」メニューの「コメント」を選ぶ

PowerPoint2003では、「挿入」メニューの「コメント」を選ぶ


すると、選択した文字の横に付箋紙のようなコメント欄が表示され、コメント欄の1行目には、オフィスソフトをインストールしたときの名前と今日の日付が自動的に表示されます。これらの情報は修正したり削除したりすることはできないので、そのままにしておきましょう。
色付きのコメント欄が表示される。文房具の付箋紙とそっくりだ

色付きのコメント欄が表示される。文房具の付箋紙とそっくりだ


複数の人でコメントを残すときは、後で誰からのコメントなのかがはっきりわかるように2行目に名前を追加しておくと親切です。コメント内容を入力できたら、コメント欄以外の場所をクリックします。
2行目にコメントを書いた人の名前を記入した。改行を入れながら見やすく入力しよう

2行目にコメントを書いた人の名前を記入した。改行を入れながら見やすく入力しよう

あとから、コメント内容を修正するときは、「校閲」タブの「コメント」グループにある「コメントの編集」ボタンをクリックし、コメント欄にカーソルが表示されてから修正します。

更新日:2010年01月25日

(公開日:2010年01月07日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する