パワーポイント(PowerPoint)の使い方/パワーポイントの基本操作

パワーポイントとは(まず知っておきたいこと)

「パワポ」の愛称で親しまれているPowerPoint(パワーポイント)。ここでは、パワポってどんなソフト?パワポを使うと何ができるの?など、パワポをこれから使ってみようと考えている方に役立つ記事を集めています。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーポイントって、どんなソフト?

「パワポ」の愛称で親しまれているPowerPoint(パワーポイント)。ここでは、パワポってどんなソフト?パワポを使うと何ができるの?など、パワポをこれから使ってみようと考えている方に役立つ記事を集めています。

パワポは今やプレゼンテーションソフトの代名詞になるほどですが、具体的にどんなことができるのかを知りたいときは、まず「PowerPointはこんなソフトだ」や「PowerPointでできること。」の記事を読んでみましょう。

パソコンを使った経験のある方であれば、パワポの操作は特別難しいものではありません。左側のインデックスから、目的の記事をクリックして操作してみてください。

現在、パワポの主流はPowerPoint2003とPowerPoint2007です。この2つのバージョンは、画面構成や操作が異なります。このサイトでは、PowerPoint2003の画面を使って説明していますが、PowerPoint2007で操作が大きく異なる場合は、別途2007用の画面を使って説明しています。

これから、PowerPoint2007にバージョンアップを検討していらっしゃる方、自分と取引先とでパワポのバージョンが異なるので心配という方は、「パワポ2003のファイルを2007で利用する」「パワポ2007のファイルを2003で利用する」の記事を参考にしてください。

PowerPoint2003の画面
PowerPoint2003の画面


PowerPoint2003の画面
PowerPoint2007の画面

  • PowerPointはこんなソフトだ
    PowerPointはプレゼンテーションソフトの代表ともいえるソフトです。ここでは、PowerPointでどんなことができるのかをわかりやすく解説します。
     
  • PowerPointでできること。
    「パワポ」の愛称で親しまれているプレゼンソフトのPowerPoint。PowerPointを使うと、どんなことができるのかを見てみましょう。
     
  • PowerPoint2003と2007の違い
    現在使われているPowerPointは、PowerPoint2003とPowerPoint2007に大別できます。2つのバージョンの違いを5つのポイントに絞って解説します。
     
  • PowerPoint2007の新機能とは
    2008年1月の発売に向けて、いよいよベールを脱いだOffice2007。PowerPoint2007のベータ版を使ってみて、私が感じた発見と驚きをお伝えします。
     
  • パワポ2003のファイルを2007で利用する
    2007年1月30日に発売された「2007 Office system」。最新バージョンのPowerPoint2007で、以前のバージョンのファイルが利用できるかどうかを検証します。
     
  • パワポ2007のファイルを2003で利用する
    最新バージョンのPowerPoint2007で作成したファイルは、以前のバージョンで利用できるのでしょうか。以前のバージョンを使っている相手にファイルを渡すときの注意事項も解説します。
     
  • あなたの知らないパワポの隠れた名機能
    PowerPointにはプレゼンテーションで使える機能が豊富にありますが、だんだんと使う機能が限定されがちです。10年以上パワポを使ってきた私が「これは使える!」と思ったパワポの名機能を3つ紹介します。 
     
  • PowerPoint2007でなくなった機能(前編)
    PowerPoint2007にアップグレードした方が、真っ先に戸惑うのは「あの機能はどこにいった?」ということでしょう。PowerPoint2007で廃止された機能を把握しておけば、機能を探す時間を節約できます。
     
  • PowerPoint2007でなくなった機能(後編)
    「PowerPoint 2007でなくなった機能(前編)」に続いて、PowerPoint2007で廃止された機能を解説します。廃止された機能を、PowerPoint2007ではどうやって操作するのかもあわせて解説しています。
     
  • パワポ2010はどう変わった?(テクニカルレビュー)
    2010年の発売が予定されているOffice 2010。そのテクニカルプレビュー版が2009年7月に公開されました。PowerPoint 2010の新機能をいち早くレポートします。
  • PowerPoint2010の新機能(「ファイル」タブ編)
    2010年6月17日に発売されたOffice2010。PowerPoint2010はどんな風に変わったのでしょうか?1回目は、ファイルの保存や印刷に関わる「ファイル」タブの使い方を見てみましょう。
  • PowerPoint2010の新機能(動画編集編)
    PowerPoint2010のいちおしは、動画編集機能が備わったことです。これまで動画編集ソフトで操作していた動画のトリミングなどの編集がPowerPoint2010の中で行えるようになりました。
  • PowerPoint2010の新機能(画面切り替え編)
    スライドショー実行中にスライドを切り替えるときに付ける動きを「画面切り替え」と呼びます。PowerPoint2010には、思わず使いたくなる魅力的な画面切り替えの動きが満載です。
  • PowerPoint2010の新機能(スクリーンショット編)
    PowerPointのスライドにWebサイトの情報や他のソフトの画面を貼り付けたいときにどうしますか?PowerPoint2010の「スクリーンショット」を使えば、パソコン画面をカメラのように撮影できます。
  • PowerPoint2010の新機能(画像加工編)
    PowerPoint2010の画像編集機能は、画像編集ソフト顔負けのラインナップです。PowerPoint2007で追加された「図のスタイル」機能に加え、「アート効果」機能や「背景の削除」機能などが加わりました。
  • PowerPoint2010の新機能(Web Apps編)
    Office2010は、従来からあるパソコンにインストールして使うパッケージ版に加えて、Web上で使えるWeb版(Microsoft Office Web Apps)があります。Web版のPowerPointを使ってみましょう。

更新日:2010年09月20日

(公開日:2009年04月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    4

    この記事を共有する